スポンサーリンク

筋トレの超回復を考慮した【超理論的】ダイエット方法

気持ちのいい男性超回復

筋トレの超回復を考慮した【超理論的】ダイエット方法

こんにちは、TRACYです!今回は

「ダイエットにおいて超回復って考えるべきなの?ってかそもそも筋トレって必要?」

という方向けに本格的なダイエット方法をご紹介します。

結論から言うと、ダイエットするなら筋トレはした方が良いし、筋トレするなら超回復については知っておいた方が圧倒的に効率的に痩せることができます。

タイトルに超理論的とは書きましたが、中身は簡単なので今回の記事を一通り読めばダイエットと筋トレの関係、そして具体的なダイエットスケジュール例を知ることができます。

是非あなたのダイエットに役立ててください!

それでは分かりやすく解説していきます。

筋トレの超回復から考える1週間のダイエットスケジュール例

さて、早速ですが筋トレと超回復を考慮した1週間のダイエットスケジュール例をご紹介しましょう。※かなりストイックな方を想定しています。

具体的なトレーニングメニューを書いていますので、わからないものはクリックして説明を読んでみてください。

筋トレダイエットー自宅・自重編

自宅vr

月曜日:腕立て伏せクランチインバーテッドロウ

火曜日:スクワットフロントランジ

水曜日:有酸素運動、ストレッチ

木曜日:腕立て伏せ、プランクサイドプランク、インバーテッドロウ

金曜日:スクワット、フロントランジ

土曜日:バーピージャンプ、有酸素運動、ストレッチ

日曜日:レスト

筋トレダイエットージム編

ジムvr

月曜日:ベンチプレスアブドミナルクランチラットプルダウン

火曜日:レッグプレスレッグエクステンションレッグカール

水曜日:有酸素運動、ストレッチ

木曜日:チェストプレスダンベルフライローイングマシン

金曜日:バーベルスクワット、バーベルフロントランジ

土曜日:有酸素運動、ストレッチ

日曜日:レスト

と言う具合に筋トレを行うと非常に効率よく身体を変えることができます。

気付いた方もいらっしゃると思うのですが、この筋トレメニューは主に「上半身」と「下半身」を日ごとに分けており、水曜日に関しては筋トレを入れていません。

これがまさに超回復を考えた筋トレダイエット方法です。ちょっと中身を解説していきますね。

アフターバーンエフェクトでダイエットできるの?(EPOC)

超回復ってそもそも何?嘘じゃないの?

超回復とは「筋トレによって傷ついた筋肉が以前の筋肉よりも成長する回復途中のこと」と捉えてもらえるとわかりやすいと思います。

筋トレをするとまずはあなたの筋繊維が破壊されます。

そうすると当然、筋トレをする前よりも筋肉量が減ってしまいます。そしてその破壊された筋肉たちを体内の栄養素たちが修復を行い、少しずつ回復させてなおかつ筋トレによって破壊される前以上に回復させる。

これが超回復です。

スクワットしても筋肉痛が来ない!それはなぜ?徹底解説

ダイエットに筋トレは必要なのか

超回復はわかったけど、そもそもダイエットに筋トレって必要なの?

はい、必要です。もちろん理由はたくさんあるのですが・・

そもそもダイエットをしようと決意したのは「今よりもいい身体を手に入れたい」と思ったからですよね。ダイエットというのは単純に脂肪を落とすだけ。筋トレは筋肉をつける運動です。

いくら脂肪を落としても筋肉はつかないので見栄えのいい身体にはなり得ないでしょう。

それに加えて「体重が重過ぎる」方がダイエットを決意してランニングや有酸素運動などを行うと、怪我をしかねません。

体重によって、歩く度・走る度に膝やその他関節への負担がかかります。そんな負担を軽減させるのが筋肉なので、いずれにせよ筋肉をつけることは必須でしょうね。

リバウンドさせながらダイエットする。【脳科学に基づくダイエット】

超回復を無視して毎日筋トレダイエットをすると・・

ちなみにですが、先ほどの超回復を無視して毎日同じ筋トレをしたとします。

するとどうでしょう、筋トレをすると「筋肉が破壊される」と言いました。つまり、毎日筋トレをしていると「筋肉が破壊されっぱなし」の状態になります。

まぁここから先は詳しく説明しなくてもなんとなくお分かりでしょうが、毎日筋トレを行うと破壊されっぱなし=筋肉量が減少します。

※中にはプロのボディビルダーなど、自分の破壊限界値を計算して、何日間か連続して同じ部位を筋トレする方がいらっしゃいます。最大まで破壊して、重いっきり超回復させる方法です。が、普通の人はやめておきましょう。ただの怪我になりかねません。笑

とはいえ、スクワットや腕立て伏せを30回行ったぐらいでは筋繊維の破壊なんてたかが知れています。つまりこれらの低負荷トレーニングに関しては毎日行っても問題ないのですが、筋肉痛がきたら超回復させている最中だと言う認識を持ちましょう。

筋トレは毎日しない方がいいけど【腕立て伏せ】は頻度を上げていい

超回復を早めるためにはプロテインは必要

「筋トレ」と聞くとプロテインも一緒についてきますね。プロテインについては金銭的余裕があるのであれば購入しましょう。

だいたい2ヶ月で5,000円くらいの投資ですかね。

で、このプロテインはなぜ必要なのかと言うと

  • 筋トレ後の超回復を効率化させる
  • そもそもたんぱく質には食事誘発性熱産生といって、消費カロリーが上がる要素がある
  • 空腹解消になる

ので、もう飲まない理由はないのでは。

もちろん運動しないのであれば不要ですが、もし興味があるのであれば「ソイプロテイン」を摂取すると余分な脂肪に変換されずにたんぱく質を摂取することができますよ。

プロテインにコスパなどない。悩むのはもうおさらば!

まとめ:筋トレ+有酸素運動で超回復をうまく利用しダイエットする方法

  • ダイエットするなら筋トレはすべし
  • 筋トレをするなら超回復を意識すべし
  • 超回復を効率よくさせるならプロテインを飲むべし

ことで今回は筋トレダイエットについてご紹介しました。

まぁダイエットにおいて一番重要なのは

  • 筋トレ
  • 有酸素運動
  • ヨガ、超回復・・

などの運動ではなくて「食事」です。いくら筋トレを頑張っても毎日ラーメン食べてたらダイエットはできません。

逆に食事を気をつけて一切運動しなくてもダイエットは可能です。もちろん筋肉はつきませんが。

なので、痩せたいのであれば今回のように筋トレで身体を構築しつつ、簡単な食事管理を行うことをおすすめします。

知ってるだけで痩せられる。ダイエットの食事管理法決定版

以上「筋トレの超回復を考慮した【超理論的】ダイエット方法」でした。最後までありがとうございました。

コメント