スポンサーリンク

腕立て伏せを毎日30回やるなら、10×3が良い[結果とコツ]

体感トレーニング,消費カロリー腕立て

腕立て伏せを毎日30回やるなら、10×3が良い[結果とコツ]

こんにちは、Tracyです!今回は

腕立て伏せを毎日しようと思ってるんだけど、回数とコツを教えて

という方向けに腕立て伏せのおすすめの回数と効果を出すコツをご紹介します。

そもそも腕立て伏せなどの俗にいう自重筋トレと呼ばれるものは筋肉をしっかりと鍛えたい人には少し工夫が必要です。

筋トレの意外なポイントには「回数とセット数」があるので今回はその辺も触れていきましょう。

しっかりと知識を蓄えて筋トレに励めば腕立て伏せだけでダイエットも筋肥大もすることが可能です。

それではわかりやすく解説していきます!

腕立て伏せを毎日30回やると結果はどうなる?

腕立て伏せを毎日30回やると、初心者であれば1ヶ月ほど継続すれば見た目の変化が見込めます。

とはいえ、筋トレは本来毎日行うべきではなく、日によって行う部位を分けるのがセオリーです。

理由は「筋肉にも休息が必要」で、その期間のことを超回復と呼びます。

この超回復をうまく利用するのがいち早く筋肉を成長させる鍵なんですが、正直なところ腕立て伏せ30回レベルであれば問題ないでしょう。

もう少し本格的に筋トレをし始めたら超回復について考えましょう。

30回を一気にやると胸以外の筋肉も使ってしまう

さて、ここで1つわからないことがありますね。

  • 10回を3回
  • 15回を2回
  • 30回を1回

やっても結論腕立て伏せ30回です。

そのうちどれを選択するかは自分の身体を相談して欲しいのですが、基本的には

  • 筋肉をつけたいなら10回×3
  • 細くなりたいなら15回×2
  • 筋肉がある程度ついているなら30回

をするといいでしょう。

というのも30回連続でしっかりとしたフォームで行うにはある程度力が必要で、世間一般の何も行っていない成人が30回連続で正しいフォームでできる方がすごいと思った方がいいです。

腕立て伏せで大胸筋をしっかりと鍛えるコツ

腕立て伏せで胸にしっかりと聞かせるコツは

  • 思っているよりも少し手幅を広げる
  • ゆっくりと行う

こと。

腕立て伏せを行うときに気をつけたいポイントは

  • 肩をすくめない
  • 肩甲骨を寄せる
  • 腹筋の力を抜かない

この3つ。

非常に重要なので次行うときには気をつけてみてください。

以上「腕立て伏せを毎日30回やるなら、10×3が良い[結果とコツ]」でした。最後までありがとうございました。

コメント