スポンサーリンク

筋肉痛がなければ毎日筋トレ!はあなたの筋肉量を下げてます

筋トレの鍵,ポイント筋肉痛

筋肉痛がなければ毎日筋トレ!はあなたの筋肉量を下げてます

こんにちは、Tracyです!今回は

筋肉痛がなければ毎日筋トレしていいの?

という方向けに筋肉の作られるメカニズムとそもそもの筋トレのポイントについてご紹介します。

最初に言っておくと、同じ部位の筋トレを毎日行うとその筋トレの効果を十分に発揮できません。

むしろ筋肉量が下がっていく可能性が出てきます。

今回はその辺についても触れていきましょう!

それでは分かりやすく解説していきます。

筋肉痛がなければ毎日筋トレしても良い?

冒頭でも書きましたが、

筋肉痛がなければ毎日筋トレして良い?

の答えは、「いいえ」です。

というのも筋トレを行うと、一度あなたの筋肉が破壊されます。

で、破壊された筋肉が筋トレ前よりも大きく・成長することであなたの身体が変わっていきます。

※ちなみにこの大きく成長する期間のことを超回復といいます。

そしてそもそも筋肉痛が来なくても筋肉はしっかりと刺激されていると考えて良いでしょう。

実際、私も筋トレをしたのに筋肉痛が来ないこともありますよ。

つまり、筋トレで筋肉を破壊して筋肉量が減少しているのにも関わらずさらに筋肉を破壊すると、もちろん筋肉量は減っていく一方ですよねという話です。

でも毎日時間作れるし、いち早く身体を変えたい!

という方もいると思うので、そういう方向けのトレーニング方法をご紹介しましょう。

毎日筋トレしたいのであれば鍛える部位を変えましょう

さて、毎日時間を作れるので筋トレをしたいという方は筋トレで鍛える部位を変えましょう。

具体的には、

と中2日ほどあければ筋肉も回復し、以前よりもパワーアップしているのでこのようなスケジューリングを組みましょう。

筋肉痛がなければ筋トレの内容を見直そう

筋肉痛が来なくても筋トレの効果は出ているといいましたが、たまに

「フォームが間違っていて筋トレがうまくいっていない」

ということもあるのでここで効果をしっかりと出す筋トレについて再度学んでおきましょう。

  • 重さは目的によって、目標回数が限界ギリギリで挙げられる重さを設定する
  • なるべくストレッチ性のある筋トレを行う
  • 動作スピードをゆっくり行う

これらが筋トレの主なポイントです。

各種目毎フォームのポイントは変わってくるので、何かあれば直接ご連絡いただければお答えしますよ。

まとめ:筋肉痛がなければ毎日筋トレ!は間違ってます

  • 筋肉痛がなくても筋トレの効果は出ていることが多いです
  • 毎日同じ部位を筋トレすると筋肉量が下がる可能性があるので、超回復させてください
  • もし毎日できるのであれば筋トレする部位を変えましょう

ということで筋肉痛が来ない時の筋トレについてご紹介しました。

なるべくいろんな種目を行うことを心がけて、全身鍛えるようにすると今回の筋肉量を下げてしまうという問題もしっかりと解消できます。

結局のところ筋肉はバランスが重要なので、胸鍛えたら反対の背中も鍛えるようにしましょうね。

以上「筋肉痛がなければ毎日筋トレ!はあなたの筋肉量を下げてます」でした。最後までありがとうございました。

コメント