スポンサーリンク

ジャンプしないバーピーで最大限まで効果を引き上げる方法

体幹トレーニングバーピージャンプ

ジャンプしないバーピーで最大限まで効果を引き上げる方法

こんにちは、TRACYです!今回は

「ジャンプをしないバーピージャンプって効果あるの?」

という方向けにジャンプをしないバーピージャンプの方法と、その効果を上げる方法をご紹介します。

バーピージャンプは自宅でできる全身トレーニングとして人気を集める自重筋トレですが、自宅で行うと課題に出てくるのが「ジャンプした時の音」ですね。

もちろん静かにゆっくりと行うことによってバーピージャンプの効果を高めることも可能なのですが、今回はそもそもジャンプしない方法も見ていきましょう!

ぜひ日々のトレーニングに取り入れてみてください。

それでは分かりやすく解説していきます。

バーピージャンプはジャンプしないと効果が出ない?

さて、バーピージャンプ時はジャンプしないと効果が出ない?

という質問ですが、答えはNOです。

ただ、効果が出ないことはないのですが効果が変わってきます。

  • ジャンプをするバーピージャンプは筋肥大+心拍数増加
  • ジャンプをしないバーピージャンプは有酸素運動効果

が強くなりますね。

心拍数を上げて身体を鍛え上げたい!という方は家の中でゆっくりとバーピージャンプをするよりも他の筋トレをした方が良いでしょう。

そうでないならジャンプをしないバーピージャンプを実践すべき。

ジャンプせずともバーピージャンプの効果を引き上げる方法

ジャンプをしないバーピージャンプで効果を高めようと思ったら真っ先にすべきなのが「多くの種目を取り入れながらバーピージャンプを行う」こと。

例えば

  • ジャンプをしないバーピージャンプの最中に
  • 腕立て伏せを3回入れる
  • そのままプランクを行う
  • スクワットを5回行う

など、1回のバーピージャンプの中に他の筋肉をしっかりと鍛えられるトレーニングを取り入れるとジャンプをしなくても効果を高めることが可能です。

静かに行う必要があるならいっそのことバーピージャンプ以外の方法もおすすめ

ちょっと話が変わってくるのですが、家の中で静かにトレーニングする必要があるならそもそもバーピージャンプに囚われる必要ないかな、と思います。

もちろんバーピージャンプって

  • 高強度
  • 全身動く

のですごいおすすめなんですが、静かにゆっくり行いすぎてもその効果を十分に発揮できない可能性が高いです。

そこでおすすめなのがHIITと呼ばれるトレーニングでいろんな種目を取り入れること。

これで問題は解決ですね!

以上「ジャンプしないバーピーで最大限まで効果を引き上げる方法」でした。最後までありがとうございました。

コメント