スポンサーリンク

【効果チェック!】正しいバーピージャンプで筋肉痛のくるところ

肩周りの筋肉バーピージャンプ

【効果チェック!】正しいバーピージャンプで筋肉痛のくるところ

こんにちは、Tracyです!今回は

バーピージャンプで変なところに筋肉痛が来てるんだけど、やり方あってる?

という方向けにバーピージャンプで筋肉痛が来る筋肉の紹介と効果を高めるやり方についてご紹介します。

自重筋トレで行うバーピージャンプは自分のフォームがあっているか心配になりますよね。

もちろん心肺機能の面からすれば間違ったフォームで行っていても効果はあるのですが、筋肉的に見ると正しいやり方で実践していないと意味がありません。

怪我もしやすくなるので、この記事でしっかりとポイントを理解し、正しく・効率的なバーピージャンプを身につけて日々のトレーニングに活かしてみてください!

それでは分かりやすく解説していきます。

バーピージャンプで筋肉痛のくるところ

さて、バーピージャンプで筋肉痛のくるところですが、

  • 太もも
  • お尻
  • 腹筋

あたりに効いてくるでしょう。

ちなみに、

というレベルの方は上記したところにピンポイントできますが、初心者の方は「全身にくる」と思っていても大丈夫でしょう。

ただ、訳の分からないところに筋肉痛が来ているのであればフォームの見直しが必要です。

バーピージャンプの効果を高めるやり方「筋肉」

バーピージャンプの効果を高めるために注意したいポイントは、

  • 静かに行う
  • 1つ1つの動作をはっきりと行うこと

まず初心者の方に一番気をつけて欲しいのが、「1つ1つの動作をはっきりと行う」こと。

もっと具体的に話すと、

  • ジャンプするときは思いっきり上にジャンプする
  • 腕立て伏せを行うときはしっかりと肘を曲げる
  • しゃがむときは然りと最後までしゃがむ

など、大袈裟と思われるほど伸ばすところは伸ばし、曲げるところは曲げるようにするといいでしょう。

筋肉痛がこない!ならバーピージャンプなら静かに行え

さて、先ほども書いたバーピージャンプのポイントですが、「静かに行う」ことができればあなたのパフォーマンス自体も向上していると言っていでしょう。

  • ジャンプ後の着地で膝を柔らかく使い、音を立てない
  • 手を着いた状態から足を伸ばすときも体幹の力を使い、静かに行う
  • 足を引き付けるときは腕の力を使う

など、全身の力が満遍なく使えるようになってくればあなたのバーピージャンプのクオリティは高くなっています。

もちろん1つ1つの動作をはっきりと行いつつ「静かに」を意識するので簡単なことではありませんよ。

筋肉痛が来たら1日バーピージャンプはお休みしましょう

ちなみにですが、筋肉痛が来た日にはバーピージャンプをお休みすることをお勧めします。

理由は、

  • 筋肉の成長メカニズム上、筋肉痛が来ているときは行うべきではない(超回復しない)
  • 筋肉痛が来ている状態でハイパフォーマンスなバーピージャンプができない

からです。

前者に関しては、

  • 筋肉は筋トレによって破壊される
  • 筋肉は破壊された後の回復期に成長する

と覚えておいてください。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

まとめ:バーピージャンプで筋肉痛が来るところ

  • 太もも
  • お尻
  • 腹筋

ということで今回はバーピージャンプで筋肉痛が来ることろや効果的な方法についてご紹介しましたがいかがでしょう、実践できそうですか?

全身の筋肉を利用して行うような自重筋トレの中でも高難易度と言われるバーピージャンプ。

正しいやり方をマスターし、継続して行うことができればあなたの身体は確実に変化していきます。

頑張りましょう!

以上「【効果チェック!】正しいバーピージャンプで筋肉痛のくるところ」でした。最後までありがとうございました。

コメント