AD

腕立て伏せで腕が太くなるなら、やり方が間違っている

太い筋肉でマッチョな男性筋トレ

腕立て伏せで腕が太くなるなら、やり方が間違っている

こんにちは!今回は、

「筋肉をある程度つけ、素敵な身体を目指したい」

「よし、そのために腕立て伏せをする!」

と意気込んだはいいものの、なんだか腕だけ太くなってない・・?と悩む方向けの対策をご紹介します。

もちろんこれから腕立て伏せを開始しようと考えている方にとっても参考になる内容ですので、腕立て伏せ本来の目的を確かめながら話を進めていきましょう。

実は腕立て伏せの目的は腕のためではありません!

それでは詳しく解説していきます。

腕立て伏せで腕が太くなるのは腕幅が狭いから

二の腕をシェイプアップする腕立て伏せ、ナロウプッシュアップ

上の写真のように、腕と腕の感覚が狭い腕立て伏せは上腕三頭筋、すなわち二の腕の筋肉に効果的なトレーニング方法となります。

二の腕をシェイプアップしたい、もしくは発達させたいという方にとっては有効的な方法ですが、そうでなければ是非とも解消すべきでしょう。

腕の幅は肩幅よりも若干広くセットして行うのが本体の腕立て伏せです。ではその目的は?

腕立て伏せの本来のターゲットは胸

そうです。

腕立て伏せの本来の目的は腕ではなく、胸の筋肉を鍛えることにあります。

バストアップのために腕立て伏せを行う理由はここにあって、主に大胸筋という胸の筋肉を刺激するのに行われるのが腕立て伏せです。

腕の幅を広くして行うと腕の筋肉ではなく胸の筋肉に負荷がかかるので初めのうちはうまくできないかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずです。

肩をすくめないように気をつけて!

肩ではなく、肩甲骨を意識すべき

トレーニング

また、胸をしっかり鍛えようと思ったら、胸の筋肉をしっかりと伸ばしながら腕立て伏せを行うことがポイントになります。

肩の力を抜き、背中にある肩甲骨をくっつけるように行うのが理想の腕立て伏せです。

これを意識するだけであなたの腕立て伏せのランクは一気に上がります。

まとめ

  • 腕の幅狭くなってないですか?
  • 腕立て伏せ本来のターゲットは胸
  • 肩甲骨を寄せるように意識しましょう

この記事に書いてあることを忠実に守ることができれば、胸の筋肉をしっかりと刺激することができます。

先ほども書きましたが、腕の力に頼らない腕立て伏せは初めのうちは少し難しいかと思います。毎日少しずつ行い、身体に正しい腕立て伏せのフォームを叩き込みましょう!

以上「腕立て伏せで腕が太くなるなら、やり方が間違っている」でした。最後までありがとうございました。

コメント