スポンサーリンク

ストレッチしながら筋トレすると、驚愕するほど身体が変わる

ストレッチ性のあるヨガストレッチ

ストレッチしながら筋トレすると、驚愕するほど身体が変わる

こんにちは、Tracyです!今回は、

筋トレしてるけど、もっといい方法ないかなぁ

筋トレの効果をいち早く出したい!

という方向けに筋トレのポイントである「ストレッチ性」についてお話ししていきます。

タイトル通り、筋トレは筋肉を伸ばしながら行うほうが身体の変化が早くなってきます!

それでは詳しく見ていきましょう。

ストレッチしながら筋トレ?具体例

ストレッチのやり方・方法

ストレッチしながら筋トレというよりは、筋トレ種目でより筋肉が伸びるものを選びましょうねということです。

例えば、マシンよりも ダンベルトレーニング

などがより身体への負担をかけることができる=より筋肉がつきやすいということになります。

メニューの組み方としてはスーパーセット法がおすすめ

フィットネス 表裏一体

スーパーセット法というのは、簡単に説明すると表と裏の筋肉を交互に鍛えようというトレーニング方法です。

表と裏の筋肉を交互に鍛えることによって、表の筋肉を鍛えているときは裏の筋肉がストレッチされる仕組みにもなっています。

組み合わせの具体例としては、

  • ダンベルプレス⇔ダンベルローイング
  • ベンチプレス⇔デッドリフト
  • インクラインダンベルプレス⇔ラットプルダウン
  • アームカール⇔キックバック
  • レッグエクステンション⇔レッグカール
  • クランチ⇔バックエクステンション

を行うといいでしょう。

具体的には下記の記事をご参照ください。

まとめ:ストレッチ性のある筋トレをしましょう

  • マシントレーニングよりダンベルのほうがいいよ
  • ストレッチ性のある筋トレをすべき
  • スーパーセット法がおすすめ

ストレッチ性の高いトレーニングがおすすめとは言いましたが、その分難易度が上がります。

なので最初のうちはトレーナーなどにフォームを見てもらいながら行うといいでしょう。ジムに通わないのであれば私がサポートしますよ!自重専用のトレーニングフォームチェックをぜひご利用ください。

お問い合わせよりご連絡ください。

以上「ストレッチしながら筋トレすると、驚愕するほど身体が変わる」でした。最後までありがとうございました。

コメント