AD

男性がかっこいい大胸筋を目指すには「ダンベルフライ」が手っ取り早い

筋肉ダンベルフライ

男性がかっこいい大胸筋を目指すには「ダンベルフライ」が手っ取り早い

こんにちは!

今回は「大胸筋をつける手っ取り早い方法」として、ダンベルフライのやり方をご紹介します!

やっぱり上半身鍛えてかっこよく見せたいですよね〜。シャツで!!ということで、今回のポイントは「シャツをかっこよく見せるための男性の大胸筋をつける」ことに注目したこと。

ジムで行うなら、ダンベルフライ。自宅で行うならジャンピングプッシュアップで理想的な大胸筋に近づくことが可能です。

そして、やっぱりシャツを着るなら、上腕三頭筋(二の腕)も鍛えておきたいところなので、簡単に鍛えられる方法をちょこっと解説しています。

それでは詳しくみていきましょう!!

オンラインフォームチェック

自宅で筋トレをしたい!
そんなあなたをサポートするオンラインフォームチェック。
まずはお気軽に無料カウンセリングから

大胸筋を一気にでかくするダンベルフライの方法

ダンベルフライは仰向けになり、ダンベルを左右に開くように行う大胸筋の筋トレ方法です。

肩甲骨をしっかりと寄せながら腕を開き、腕を戻すときは、ダンベルを合わせることよりも両肘をつけるイメージで行うとなおいいでしょう♪

始めのうちは軽めのダンベルで、フォームを固めて、肩甲骨と大胸筋の可動域を徐々に広げていき、慣れてきたらダンベルの重さを上げるのが理想!

ダンベルフライの効果と注意点

ダンベルフライはストレッチ性が高く、大胸筋の筋肉を鍛える種目の中でも効果の高いもの。主な効果は

  • 大胸筋の内側~中部を鍛えることができる
  • 大胸筋をストレッチできる

ことです。ダンベルを扱う種目なので注意点もあります。

  • 重すぎるダンベルでやらない
  • 肘をしっかりと曲げて行う
  • 肩をすくめない

こと。身近にトレーナーがいたら指導してもらいながら行うといいでしょう♪

自重で胸の筋肉を大きくしたいならジャンピングプッシュアップ!

自重筋トレで大胸筋を大きくしたいならジャンピングプッシュアップが効果的です。

腕立て伏せに勢いをつけて跳ねる自重筋トレ。ジムに行けないけど、追い込みたい・・・というときはフォームがぐちゃぐちゃになろううが泣きそうになろうがとりあえず30回頑張ると、いいでしょう。

正直バカきついのでやってみてください。(笑)

動画では5分10秒あたりから解説しています。ジャンプした際に腕をまっすぐに伸ばす必要はないので、胸の前で拍手するようにしましょう。

シャツをかっこよく着たいなら上腕三頭筋を鍛えることも必要

あなたの目標はシャツをかっこよく着ることなので、大胸筋以外につけておきたい筋肉があります。それは「上腕三頭筋」いわゆる二の腕の部分ですね。

今回紹介したのはダンベルフライなので、あなたがダンベルを持っている、もしくはジムに通っていることを想定して上腕三頭筋の筋トレをご紹介します。

ジムで行うならトライセプスプッシュダウンがおすすめです♪

コツは若干前傾姿勢になって二の腕をとことん意識して行うこと。非常に効果的なので、即効性も高いです。是非お試しあれ!

以上「男性がかっこいい大胸筋を目指すには「ダンベルフライ」が手っ取り早い」でした。最後までありがとうございました。

コメント