内臓脂肪は落ちやすいのに痩せないのは【皮下脂肪が原因】 | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

内臓脂肪は落ちやすいのに痩せないのは【皮下脂肪が原因】

内臓脂肪は落ちやすいのに痩せないのは【皮下脂肪が原因】

ダイエット

TRACY 編集部

編集部

2021.04.08

内臓脂肪は落ちやすいのに痩せないのは【皮下脂肪が原因】

こんにちは、TRACYです!今回は

「努力しているのになかなか痩せない・・」という方向けに

  • 内臓脂肪は落ちやすいのに身体に変化がない理由
  • 身体の中で先に落ちる脂肪の順番
  • 内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

を解説していきます。

実は内臓脂肪はスッと落ちるのに身体に変化がない理由は、皮下脂肪が落ちていないからというのが答えで、体内の脂肪は

  1. 内臓脂肪
  2. 皮下脂肪で内臓から遠いところ(手首など)
  3. 皮下脂肪のお腹周り

という順番で落ちていきます。つまり、内臓脂肪が落ちたところで見た目の変化はあまり起きないというのが正解になります。

もちろん内臓脂肪を落とせば健康的な身体になるのですが、そこはせっかくなら・・・ねぇ?

ということでプロとしてそれぞれの脂肪の落とし方も解説していきます!

内臓脂肪は落ちやすい!が皮下脂肪が邪魔してなかなか痩せない

冒頭でも書いたのですが、より詳細を。さて、人の身体の脂肪は大きく

  • 内臓脂肪
  • 皮下脂肪

と2つに分かれ、このうち

  • 食事内容が悪かったり、年齢を重ねるとついてくるのが内臓脂肪
  • 内臓脂肪に収まりきらなくなった、もしくは体温維持のためについてくるのが皮下脂肪

です。

で、実は内臓脂肪は皮下脂肪よりも圧倒的に落としやすいので、少しの食事管理や運動で痩せることができます。

ですが、中にはなかなか効果が出ない人がいますね。

その理由は「皮下脂肪が分厚くて目に見える効果が出てない」から。

なぜ内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすいのか

解説

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落ちやすいことがわかっています。理由は

  • そもそも体内にたくさんの量を必要とされていない
  • 内臓は常に動いている=その周りの脂肪に刺激されている
  • 体内に必要な脂肪エネルギーは一定量内臓脂肪からも使われる

などの理由で落ちやすいと言われておりますが落ちやすいということは、血液中に溶けだしやすく、血液がドロドロになり

  • 高脂血症
  • 高血圧症
  • 糖尿病
  • 動脈硬化

などの生活習慣病になる理由が高いので要注意と言われているわけです。

大丈夫?内臓脂肪がつきやすい人

ちなみに内臓脂肪のつきやすい方は・・・

  1. 昔スポーツをしていたが現在は動くことのない方
  2. 男性
  3. リバウンドで太ってしまった方

と言われています。当てはまります?

内臓脂肪と皮下脂肪、そして体内の皮下脂肪の落ちる順番

ちなみに皮下脂肪の落ちる順番については、内臓から遠い脂肪から落ちていくのがわかっていて

  1. 手首足首
  2. ふくらはぎ・腕
  3. 胸・背中・太もも
  4. 顔・お尻
  5. お腹

という順番で落ちやすいと言われています。

ここに関しては個人差がすごい出るのであくまでも参考程度に知っておくといいでしょう。

内臓脂肪の落とし方!皮下脂肪より先に落ちる

笑顔で走るランナー

さて、内臓脂肪の落とし方ですが、今まで多くの人のダイエット指導をしてきましたが行き着く先はいつも基本で、

をベースに2ヶ月努力すればある程度の内臓脂肪は落とせます。というか2ヶ月おこなえば皮下脂肪も落ちてきます。

ダイエットに関してはTRACY内で読むだけで落ちそう・・というくらいの記事を執筆しているので色々と読んでみてください。

内臓脂肪を落とす効果的な食事は?

色とりどりのトマト

運動ももちろん効果的ですが、長いスパンで見れば食事に気を使うことのほうが大事ですので、内臓脂肪を落とす効果のある食材を積極的に摂取するようにしましょう!

  1. おくらやごぼう、納豆などの食物繊維を多く含む食品
  2. EPAを多く含むハマチやブリなどの魚類
  3. ビタミンB群
  4. ツナ、鳥ささみ肉などのたんぱく質

これらをバランスよく摂ることを心掛けてください。

内臓脂肪から落としたら次は皮下脂肪!筋トレあるのみ

で、厄介なのが内臓脂肪が落ちた後の皮下脂肪。

こいつがなかなか落ちないのですが、基本的な落とし方は運動です。

内臓脂肪の時と同じなのですが、

  1. まずは筋トレ
  2. 筋トレ後に有酸素運動

という順番で行うと脂肪燃焼効率が非常にいいです。

理由は運動を行った時の体内のカロリー燃焼が

  1. 血中のエネルギー
  2. 筋肉のエネルギー
  3. 脂肪のエネルギー

という順番で行われるからです。つまり、脂肪のエネルギーを使い始めるまでに筋肉と血液のエネルギーを使わなければならないんです。

要するに「ランニングやジョギングだけで痩せようと思ったら脂肪のエネルギーを使い始めるまでは脂肪燃焼がスタートしない」ということ。

これを避けるために予め筋トレでエネルギーを使っておいて、有酸素運動できれいに脂肪を燃焼していくのがおすすめ、ということになってきます!

まとめ:内臓脂肪は皮下脂肪より先に落ちる

  • ダイエットをすると内臓脂肪から減っていく
  • 内臓脂肪は食事管理
  • 皮下脂肪は筋トレ→有酸素運動

ま、内臓脂肪から落ちるだ皮下脂肪は落ちにくいだなんだと言いましたが、いずれにせよこいつらは脂肪なので努力すれば確実に落とせます。

もちろん必要以上に落とす必要は全くないので、どの程度落としてどのような身体になりたいのか、はっきりとさせた上でダイエットに取り組んでいきましょう!

以上「内臓脂肪は落ちやすいのに痩せないのは【皮下脂肪が原因】」でした。最後までありがとうございました。

ダイエット内臓脂肪
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Relation Article関連記事

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング