スポンサーリンク

ダイエット成功事例「デスクワーカー」

背骨ダイエット

こんにちは!今回は好評のダイエットの成功事例を公開します。自分と似た境遇の方が紹介されていたら是非読んでみてくださいね。

今回の例は「姿勢改善で78㎏→72㎏」になった成功例です。

それでは詳しく見ていきましょう!

人物紹介

性別:男性
年齢:50代
日中の活動:証券マン、デスクワーク
体重:78㎏
運動経験:なし
抱える問題:猫背、過度な肩こり、眼精疲労

お腹周りの脂肪と眼精疲労は姿勢改善でどうにかした

背骨

この二つの問題は併発することが多いです。

というのも、お腹周りの脂肪が余分についてしまうことや眼精疲労の原因は姿勢が悪いことが言えます。

これらの問題は「腸腰筋」という筋肉を鍛えてあげて、姿勢を正すことによって内臓を元の位置に戻し、ポッコリお腹の解消。そして姿勢が良くなることによって、パソコンから顔の距離を離す効果を狙いました。

なので是非みなさんも腸腰筋を鍛えましょう!これは下半身と上半身をつなぐお腹の下~足の付け根にある筋肉ですね。鍛え方は後ほど。

筋トレ①

筋肉量が少なく、姿勢も悪ければ体力もなかったので基本的なトレーニングを中心に行いました。

  • ベンチプレス
  • ラットプルダウン
  • ローイング
  • レッグプレス
  • レッグエクステンション
  • レッグカール

以上はジムで行ったトレーニング一覧です。

ジムでの上半身トレーニングお手本動画まとめはこちら

ジムでの下半身トレーニングお手本動画まとめ

回数とセット数を変えた

考え ひらめき

まずは筋肉の土台を作るために、

12回×3セットで全てのトレーニングを行ってもらいました。そして1-2か月経ったのちの15回×4セットの方法に変えました。

なぜ回数とセット数を変えたかというと、生活に必要な金持久力を高めてもらうためと有酸素運動をなるべく少なくしたかったので、限りなく有酸素運動に近い無酸素運動を行ってもらうためです。(少し長い時間筋トレをしてほしかったということです。)

筋トレ②

そして自宅でも可能は自重トレーニングは、

  • マウンテンクライマー
  • プランク 60秒
  • サイドプランク×レッグレイズ 30秒+5回
  • フロントランジ
  • ストレッチポール

です。狙ったのは圧倒的に姿勢改善。となると上記のメニューをしっかりとこなすことができれば効果がしっかりと出てきます。

◆マウンテンクライマー

◆フロントランジ

血糖値コントロール

医者

そして極めつけは血糖値のコントロールです。夕飯の白米を抜き、日本酒を飲んでも1合までにしてもらいました。
そして血糖値を下げすぎないように、15時ー16時頃にビタミンを摂取してもらいました。

ダイエットに関しては、食べすぎも問題ですが、血糖値をコントロールすることの方が重要でしょう。

食物繊維の多いそばや玄米などを摂取するようになれば、身体もだいぶ変わります。

以上のことを行った結果

主に姿勢改善のプログラムと基本的な筋肉の強化、血糖値のコントロールを行い、2か月ほどで78㎏から72㎏まで体重が落ちました。

が、注目してほしいのはこちらで、姿勢改善を中心に考えたので

  1. ポッコリお腹の解消
  2. 肩こり軽減
  3. 眼精疲労改善

などの効果も同時に見られました。ダイエット成功のみならず、生活の質の向上もすることができました!

まとめ

  • 姿勢改善を中心に行った
  • 血糖値コントロール
  • ダイエットのみならず他の効果もあった

今回は数値だけ見ると珍しい例ではありませんが、見た目や身体の不調が一気に変わった例です。ダイエットの真の目的は、生活の質を高めることですね。まさにそれの成功例として言えるでしょう。

みなさんも是非、まずは姿勢改善から取り組んでみてはいかがでしょうか!

以上「ダイエット成功事例「デスクワーカー」」でした。最後までありがとうございました。

コメント