スポンサーリンク

腹筋を簡単に鍛える最も効果的な方法

解消アスリート

腹筋を簡単に鍛える最も効果的な方法

こんにちは!腹筋を鍛えると聞くと大変なイメージを持っていませんか?

今回はそのイメージとは逆に、誰にでもできる効果的な腹筋の方法をご紹介します。また、これらの方法はリハビリ中の方やご高齢の方でも行えるトレーニングになります。寝ながら読んでいる方も一緒に実践しながら読み進めてみてください!それでは見ていきましょう。

腹式呼吸

腹筋を鍛える腹式呼吸

まずは呼吸方法を変えるだけで腹筋のトレーニングになる方法をご紹介します。

方法は簡単!呼吸で動いている部位を胸からお腹の方に移動させるだけです。

つまり・・

  • 息を吸った時にお腹を膨らませる
  • 息を吐く時にお腹を凹ます

ように意識して呼吸を行うと横隔膜がいつもの「胸式呼吸」よりも大きく動くので、腹筋のトレーニングになるわけです。

大げさにお腹を膨らませてみましょう!

ドローイン

腹筋を簡単に鍛えるドローイン

お次は腹式呼吸の延長でできる「ドローイン」という簡単で腹筋の深層部をしっかりと鍛えられる方法をご紹介します。

方法は、腹式呼吸を行い、息を吐ききったタイミングでお腹を凹ませた状態を5秒ほどキープするというものです。具体的には・・

  1. お腹を膨らませながら息を大きく吸う
  2. お腹を凹ましながら息を吐き切る
  3. お腹を凹ました状態で5秒―10秒キープする
  4. お腹を膨らませながら息を大きく吸う

を繰り返します。

ドローインのアスリート活用術

ドローインをするアスリート

簡単に腹筋を鍛えられると言いましたが、このドローインという方法は、アスリートも行うトレーニングです。

まずは、他の筋トレ時にドローインを同時に行うことによる体幹トレーニング効果。後は腰に負担をかけずに腹筋をトレーニングしたい時なんかに活用されます。

秒数制限をかけて、真剣に行うと結構きついものですよ。

表面的の筋肉と深層部の筋肉

体内の深層部の腹筋や筋肉

今回紹介している方法で主につけられる腹筋は深層部にある、いわゆるコアマッスルと呼ばれるものです。

深層部にある腹筋を鍛えておかないと、体幹の維持もできず、姿勢も保てません。そして、いざ表面の筋肉を鍛えようと思った時に下地がないので、満足のいくトレーニングが行えません。

なので、今回のトレーニングを行うことによって、身体にとって本当に必要な腹筋を鍛えることが可能です!

まとめ

  • 腹式呼吸
  • ドローイン
  • 体幹トレーニングにもなる

先ほども書きましたが、腹筋を簡単に鍛えられるだけではなくドローインは非常に凡庸性の高い優れたトレーニングですので、是非みなさんも普段から実践してみてください。

これがスムーズにできるようになると、信号待ちや車の運転中、通勤中などなど周りにバレることなく腹筋のトレーニンングをすることが可能です。

あ、そうそう。姿勢を正したい時なんかはドローインを行うと自然と美しい姿勢を保てるようになりますよ!

さぁ、寝ながらでもできるので、記事を振り返って行ってみてください。

以上「腹筋を簡単に鍛える最も効果的な方法」でした。最後までありがとございました。

コメント