スポンサーリンク

プロが教える2日間ファスティングのやり方【準備期→当日→回復期】

キノコ ぶなしめじダイエット

プロが教える2日間ファスティングのやり方【準備期→当日→回復期】

こんにちは、Tracyです!最近

「ファスティングをしたい!」

「ファスティングってどれくらいの期間やるの?」

といった声が多くなってきたので、今回は

ファスティングの流れとファスティング中に発生する可能性のある「身体への影響」の対処方法について

解説しました。

  • まずは準備期間!気をつけたい食事内容
  • ファスティング本番は2日間で大丈夫だよ
  • ファスティング中にこんな症状が来たらこう対処しろ!
  • 回復期があなたの成功を左右する
  • ファスティングドリンクは必須と考えて

という流れで話を進めていきます。

最近非常に流行っているファスティングですが、今回は2日間で体内をリセット・デトックスさせるようなプランで考えたので、そんなに長くできないという方も安心して実践することが可能です♪

必要なのは、ファスティング・酵素ドリンクと確かな知識と「やるんだ」という心構え。

それでは詳しく見ていきましょう!

ファスティング2日間のやり方、流れ

まずはファスティングを2日間行う方法と大まかな流れについて把握しておきましょう。

  • 1~2日で準備をします(体内の)
  • 2日間ファスティング
  • 回復期を2日設けます

という流れで、ファスティング自体は2日で済みますが、本格的に行うのであれば実質1週間くらいかかりますね。

それでは解説していきます。

記事の最後に日本製で安いお試し版のファスティングドリンクもご紹介するので、それも必須だと思ってください。

ファスティング準備期間(1~2日)

ファスティングの準備期間

まずは準備期間として食事内容に気をつけましょう。

摂取を抑えてほしい食事

  • 小麦
  • 乳製品

の4つとなります。できれば

  • カフェイン

の摂取も控えましょう。

胃がびっくりしないためにもこの準備期間にどれだけ胃の中をすっきりさせられるかが重要になってきます。

あと、たくさん水を飲むようにしてくださいね!

基本的に優しいものを摂取しましょう

優しいものとは「胃に刺激が少ない」食品のことを言います。

さらに言えば、消化にエネルギーを大量に消費するたんぱく質や、コーヒーなどもできるだけ抑えるようにするとなお良いでしょう。

あとは、冷たすぎない・熱すぎないような食事・水分を摂取してくださいね♪

ファスティング本番期間(2日間)

ファスティングのやり方

さて、本番です。

この期間にすることはたった2つ。

  • ファスティングもしくは酵素ドリンクを商品の取扱説明書に書いてある通りに飲む
  • 食事を摂取しない

だけです。

どうせやるなら高価なファスティングドリンクを準備して、無添加だなんだってやったほうがいいですが、別にそこまでこだわらなくても効果は十分出ます。

ただ、

  • 糖分
  • 人工甘味料

がめちゃめちゃ入っていたり極端に安すぎないドリンクであればなんでもいいです。

ドリンク以外に摂取していいものは「水と塩と梅干」としておきましょう。

塩は摂りすぎるとのどが渇くので控えめに。

ファスティング中に症状が出てきたら行う対策

ファスティング期間中には体調が変化する可能性が高く、めまいや頭痛、眠気などを感じる方もいらっしゃいます。無理はしてほしくないのですが以下の症状が出てきたら対策しましょう。

もちろん!もう無理だ・・と思ったら中止してくださいね。

胃下垂に起きやすい!吐き気

胃下垂の方がファスティング中に吐き気を催すことが多いですね。

これは垂れていた胃が収縮することによって起きるので、お腹周りをストレッチしてあげてください。

軽い吐き気なら継続可能です。

頑張りましょう!

水分不足!後頭部の頭痛

水分不足によって後頭部の頭痛が起こることが多いです。

なので、水分量を増やしてあげましょう。

ただの水ではなく、沸騰させたお湯を少し覚まして飲む「白湯」なんかもおすすめです。

温度は約50度くらいですかね。

頭痛は結構見られる症状なので、継続可能です。

ドリンクが足りてない!フラフラする

ファスティング・酵素ドリンクの量を増やしましょう。

この症状は、もう無理だと思ったらすぐにやめてください

体内の改善を行っているのに体調が悪くなってしまっては元も子もありませんので。

栄養が足りずに体が悲鳴を上げている可能性があります。

一気に栄養を摂取しても身体が追いつかないので、ゆっくりと柔らかいものから食べ始めてくださいね。

ファスティングの中で一番重要!回復期(2日間)

ファスティングで重要なのは回復期

さぁお疲れさまでした。

これから胃の中に物を入れていくのですが、いきなりカツ丼なんか食べたら胃がぶっ壊れます。

栄養吸収もすさまじい勢いでされるので、2日間かけて胃を慣れさせていきましょう。

  • おかゆ
  • 味噌汁

などを中心に柔らかいもの、消化の良いものを摂取するように心がけてください。

回復期でファスティング効果を持続できるかが決まる

回復期に摂取された栄養はほぼ体内に吸収されます。

どういうことかというと、この時期にいきなりケーキやラーメンなど高カロリーで高糖質、高脂質なものを摂取するとびっくりするほど体脂肪に変わってくれます。

せっかく2日間で-5kg前後したのにも関わらず、リバウンドなんてあっという間・・・

にならないように、ファスティングの回復期を最も重要な期間として慎重に食事をするようにしてください!

ファスティング中のドリンクって本当に必要?必須です

ファスティングドリンクについては、ないと様々な弊害が起きるので必ず用意しましょう。

というのも、本来ファスティングは「医師や専門家の指導の元」行うものです。

それを自分一人でやろうとしているのですから、せめてドリンクくらいいいものを準備して、危険を少しでも回避するようにしてください。

なるべく

  • 小さいサイズ(お試し版でいい)
  • 品質的に問題ない
  • 信頼のおける

という観点から日本製のものを普段の指導からご紹介しています。

こっちの方がいいよ!というものがあればぜひ教えてください。

まとめ:ファスティングは2日間で十分!

  • 準備期間→本番→回復期
  • やり方はドリンクを飲む!
  • 回復期が一番重要

最後にもう一度言いますが、無理は禁物です。

ただ、回復期に関してはマルチビタミンなどのサプリメント、プロテインなどを摂取することで対策できることもあるので、少しくらいなら無理できるかも・・(笑)

ということで、ファスティングはやり方を知っていればどんな方にでも実践できるデトックス・ダイエットの強い味方です。みなさんもお試しあれ!

以上「プロが教える2日間ファスティングのやり方【準備期→当日→回復期】」でした。最後までありがとうございました。

コメント