AD

筋肉痛のときに筋トレすると筋肉が発達しなくなる

太い筋肉でマッチョな男性 アスリート
AD

筋肉痛のときに筋トレすると筋肉が発達しなくなる

こんにちは!みなさんは筋肉痛の時にどのような対策をしていますか?一刻も早く筋肉をつけるためにトレーニングを怠りません・・!

という方、要注意ですので、今日この記事を読んでからトレーニング方法を変えてください。それでは見ていきましょう!

AD

筋肉痛の時に筋トレすると・・・

筋肉痛の時に筋トレをする

筋肉痛、すなわちそれは超回復していることを意味します。

わかりやすく説明すると、トレーニングによって傷ついた筋肉が回復→成長している期間です。

つまり筋肉が普段よりも衰え、傷ついている状態で筋トレをしているということです。

どうせなら筋肉が絶好調の時にトレーニングをしたほうが効率がいいです。

筋トレし続けると、筋肉量は減る

筋トレすると筋肉量が減る

筋肉は先ほど話した通り、筋トレ→破壊→回復で成長します。

そこで先ほどの「筋肉痛の時に筋トレする」方法を続けてみましょう。

筋トレ→破壊→筋トレ→破壊→筋トレ・・・いつ回復するんでしょう?(笑)
この状態が続くとせっかくトレーニングしているのに回復が間に合わなくなって、非効率的なトレーニングになってしまいます。

方法の1つとして極限まで破壊する方法もある

ボディビルダーや自分の筋肉の回復力を全て把握している方であれば、一度極限まで筋肉を傷つけて一気に回復するという特殊な方法もあります。

私自身やったことがないのと、専門的な知識がないとオーバーワーク(やりすぎ)になってけがをする可能性が非常に高いので、おすすめはできません。

再度言いますが、緻密な計算と長年のキャリアがあるからできるものです。

筋肉量を減らさず、毎日トレーニングする方法

毎日筋トレする方法

さて、筋肉量を減らさずに毎日トレーニングする2つの方法は

  • 違う部位を鍛える
  • 栄養をしっかりと摂る

です。違う部位を鍛えるについては、胸と背中のトレーニングをした次の日は下半身のトレーニングをして、その次の日はランニングなどの有酸素運動と体幹トレーニングをするという工夫が必要です。

栄養をしっかりと摂るについては、回復力を高めることが目的なので、サプリメントなどを摂取することを推奨します。

まとめ

  • 筋肉痛の時に筋トレすると破壊のサイクルになる
  • 知識がないならやめた方がいい
  • 毎日鍛えたいなら別の部位をトレーニングすべき

自宅でトレーニングされている方は負荷が少ないので毎日トレーニングを行っても大丈夫な場合があるのですが、こちらもやはり日によってトレーニングをする部位を変えられるとなお良いでしょう。

例えばスクワットの日と腕立て伏せの日を交互にするなど・・。何はともあれ無理のない範囲で継続できるトレーニング方法を選択してくださいね。

以上「筋肉痛のときに筋トレすると筋肉が発達しなくなる」でした。最後までありがとうございました。

コメント