AD

広背筋の自重筋トレはたった1種目「懸垂」でいい【広背筋の鍛え方】

トレーニング 広背筋
AD

広背筋の自重筋トレはたった1種目「懸垂」でいい【広背筋の鍛え方】

こんにちは!

今回は「背中を鍛えたい」「広背筋の自重筋トレについて検索したけど、何すればいいかわからない」という方のためにこれだけはやっておけ!という自重筋トレをご紹介します。

さて、広背筋を鍛えるための最強筋トレは「懸垂」ですね。なので、正直これ以外の方法について知る必要はありません。英語だと「chiin up」とか「チンニング」と呼ばれ、あなたも聞いたことがあると思います。

この記事では「バキバキに自重筋トレで広背筋を鍛えたい人」だけでなく、「筋肉に自信がないけど、少し背中の筋肉も鍛えたいな」という初心者向けの方法も紹介しているので、読み終わったら早速チャレンジしてみましょう!

AD

広背筋を鍛える最強の自重筋トレは「懸垂」

広背筋を鍛えたいあなたが行うべきたった1つの自重筋トレは「懸垂」です。

ご存知の通り、棒・木・ドアなどに捕まり、背中の筋肉を利用して身体を上げる方法。筋肉に自信がある人は動画のようにアレンジをたくさん加えてやってみましょう!

注意点は

  • 肩をすくめない
  • 鍛えている部分は腕ではなく、背中であることを意識する

ことです!

女性でもできる懸垂の方法

とはいえ懸垂は結構ハードルが高いので、筋肉に自信がない方でもできる方法をご紹介します。

方法としては

  1. 公園などに行き、斜め懸垂をする
  2. ぶら下がる練習をする
  3. 勢いをつけてやる
  4. スタートポジションを既に上に上がった状態から始めて、ゆっくりと下ろす形で行う

ことです。

動画は懸垂が1回しかできなかった人が懸垂について解説してくれているので参考にしてみてください。

広背筋を鍛える自重筋トレが1種目でいい理由

「広背筋 筋トレ」と検索するとみなさんいろんな種目を書いてくれていますね。もちろん参考にはなるし、いいとは思うんですが、自重筋トレであんなにたくさんの種目をこなせるほど、あなたは筋トレが好きではないはず。

だったら、1種目に絞って頑張ったほうが、継続もするし、効果も出やすい

筋肉も土台ができなければ様々な種目にチャレンジすることはできないので、まずは懸垂で広背筋の土台を作り上げてから、様々な種目に挑戦してみてはいかがでしょうか?

以上「広背筋の自重筋トレはたった1種目でいい【広背筋の鍛え方】」でした。最後までありがとうございました。

コメント