AD

サイドランジは太ももよりもお尻を意識しろ!【サイドランジの方法】

女性 夕日サイドランジ

サイドランジは太ももよりもお尻を意識しろ!【サイドランジの方法】

こんにちは!

「サイドランジってよく聞くけど、本当に効果あるの?」「正しい方法が知りたい!」という方向けに今回はサイドランジの意識すべき筋肉をご紹介します。

主な解決方法としては、お尻を意識しながら上体を起こしてお尻と内ももの筋肉に効果的に効かせる!です。

また、サイドランジだけでは補えない、お尻と内ももをより強化する方法として、「ヒップリフト」と「ワイドスクワット」についても書いたので、チャレンジしてみてください♪

サイドランジの方法

サイドランジは直立した状態から足を左右に開き、膝を曲げて太ももとお尻の筋肉を鍛える自重筋トレ方法です。

つま先を正面に向けながら行うことによって、内ももにも効いてきます。

ワンポイントアドバイスは、太ももを意識しすぎるあまりに、前ももに体重を乗せすぎないようにサイドランジを行うことです。動画のように、お尻を突き出すように、上体をしっかりと起こして行うといいでしょう♪

サイドランジの効果と鍛える際の注意点

サイドランジの主な効果は

  • 太もも、お尻のシェイプアップ
  • 体幹強化

になります。身体が左右に動いているので、おへそのあたりの力を入れながらサイドランジを行うと、体幹のトレーニングにも繋がりますよ。

注意点としては、

  • 上体を起こしながら行う
  • お尻を意識する
  • おへその力を抜かない

こと。最初から全てクリアするのは難しいと思うので、一歩ずつ確実にクリアしていきましょう♪

お尻を鍛えたいならヒップリフトがおすすめ

サイドランジはたくさんの部位を鍛えることができるので、とてもいい自重筋トレメニューなのですが、プリケツを手に入れたいなら、お尻単体のトレーニングも加えるといいでしょう♪

今回はヒップリフト言われ、ベッドの上でできるヒップアップ×体幹トレーニングをご紹介します♪これもサイドランジ同様、おへその力を抜かないようにやってみましょう!

内ももを鍛えたいならワイドスクワットがおすすめ

お尻の次は内ももをシェイプアップして、スレンダーな足を手に入れるための筋トレ方法もご紹介します。

ワイドスクワットと呼ばれ、普通のスクワットよりも足幅を広くして行う自重筋トレ。つま先と膝を外側に向けてゆっくりとスクワットをするっと、効果的に内ももをシェイプアップすることができます。

以上「サイドランジは太ももよりもお尻を意識しろ!【サイドランジの方法】」でした。最後までありがとうございました。

コメント