【ヒップリフトの呼吸】効果がないを10秒で改善! | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

【ヒップリフトの呼吸】効果がないを10秒で改善!

【ヒップリフトの呼吸】効果がないを10秒で改善!

ヒップリフト

TRACY 編集部

編集部

2021.04.23

【ヒップリフトの呼吸】効果がないを10秒で改善!

こんにちは、TRACYです!今回は

ヒップリフトの効果がなかなか出ないんだけど・・

という方向けにヒップリフトの時に取り入れるべき「効果を高める呼吸法」についてご紹介します。

ちなみにヒップリフトにおける呼吸の役割は「腹筋」をうまく使うためにあって、ここができていないと当然効果がないということにつながります。

ということで今回は読むだけでヒップリフトの効果を出せるような記事になっているので明日からの筋トレの参考にしていただければと思います!

それでは分かりやすく解説していきましょう。

ヒップリフトの効果が出ない人必見!取り入れたい呼吸法

早速ですがヒップリフトの効果を上げるために取り入れたい呼吸法をご紹介します。

それは「腹式呼吸」という呼吸方法で、

  • 息を吸いながらお腹を膨らませる
  • 息をゆっくりと吐きながらお腹を凹ます

をヒップリフトの時に行うだけ。

まずは呼吸だけで実践してみて、それができたらヒップリフトの時にこの呼吸を取り入れてみてください!

ちなみに今回のヒップリフトはお尻を上げてそのままキープする方法を想定していますが、腰を上下に動かす方法であれば

  • 吸いながら腰を下げて
  • 吐きながら腰を上げる

といいですよ!

ちなみに腹式呼吸はヒップリフトをしなくても腹筋のトレーニングになる

ちなみに先ほどの腹式呼吸ですが、吐き切った状態で10秒ほどキープすることによってお腹周りの筋肉も鍛えることができます。

このトレーニング方法をドローインというのですが、ヒップリフトをしながら実践してみてもいいでしょう。

はじめのうちはヒップリフトしながらドローインを行うとフォームも崩れてきてしまうので、慣れてきてから行いましょうね。

ヒップリフトの正しいやり方×呼吸 お尻に効かせましょう

さて、ヒップリフトのやり方は

  1. 仰向けになり、両膝が90度になるように曲げる
  2. (動画では片足を伸ばしていますができなければ両足ついててOK)
  3. 肩甲骨と足の裏で腰を上げて身体が一直線になるように体制をキープする
  4. お尻をギュッと閉め、お腹を凹ます
  5. 呼吸を止めないようにそのままキープ

するのが通常のやり方です。

ベッドの上でもできるのでとても人気のお尻筋トレですね!ちなみに

  • お尻
  • 体幹
  • 腹圧(腹筋インナー)

を鍛えられるので女性におすすめです。

ヒップリフトの効果がない人の特徴-呼吸が原因じゃない?

いくら呼吸法を取り入れたところで、正しいフォームでヒップリフトができていなければ効果も出ないでしょう。

そこでヒップリフトの効果が出ないという方がやってしまいがちなことをご紹介します。

  • 腰をそりながらお尻を上げてしまう
  • お尻が下がりすぎている
  • お尻の穴が閉まっていない
  • 足の位置が悪い(膝が90度になるくらいがいいですね)
  • 息を止めて余計な力が入っている

以上のことに当てはまると効果が出ないフォームになっている可能性があるので、今一度チェックしてみましょう!

まとめ:ヒップリフトは腹式呼吸を取り入れながら行うと効果が出ないから脱出できる可能性あり

  • 腹式呼吸を取り入れながらヒップリフトしましょう↓
  • 息を吸いながらお腹を膨らませる
  • 息をゆっくりと吐きながらお腹を凹ます

ということで今回はヒップリフトの効果が出ない人向けに記事を書きましたがいかがでしょう、実践できそうですか?

ベッドの上で実践できるような体幹トレーニングですので、今後もしっかりと継続すれば必ず効果も出てくるはずです。

ベッドの上でトレーニングを完結させたいのであれば、ニーエルボープランクなんかもおすすめですよ。

以上「【ヒップリフトの呼吸】効果がないを10秒で改善!」でした。最後までありがとうございました。

ヒップリフト
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Relation Article関連記事

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング