スポンサーリンク

体幹トレーニングでダイエットをする方法

女性 ワークアウトダイエット

体幹トレーニングでダイエットをする方法

こんにちは。今回は体幹トレーニングのダイエット効果を高める方法をご紹介します。簡単に説明すると、体幹トレーニング✖有酸素運動を同時に行うものです。

自宅で場所を取らずに行うことができるので、是非読んだ後は実践してみてください!それでは見ていきましょう。

プランク

まずは基本の動きをマスターしましょう。王道の2種類を組み合わせていきます。

プランクと呼ばれ、うつぶせになり身体を一直線に保つトレーニングです。ポイントは腹筋とお尻の力を抜かないことで、できるだけ身体を真っすぐ保つように意識しましょう。

サイドプランク

お次は先ほどのプランクを横向きで行う体幹トレーニングです。

少し難易度が上がりますが、初心者でも十分に行うことのできるもの。腹斜筋と呼ばれ、くびれを作るには欠かせない筋肉を鍛えることが可能です!

こちらもポイントは身体を一直線に保つことで、肩の真下に肘をついて身体を支えるようにしましょう。

マウンテンクライマー

さて、ここからが本番です。上記したプランクとサイドプランクをmixして行いましょう。方法は、(いずれも秒数はご自身のレベルによって変えてください)

  1. プランクを30秒
  2. マウンテンクライマー10秒
  3. サイドプランク20秒

を休憩を挟まずに行うこと。これら3種目を1セットとして計3セットできればもうあなたは体幹マスター!

マウンテンクライマーは腕立て伏せの体勢で片足ずつ胸の方に引き寄せるトレーニングです。参考動画は以下の通り。

体幹✖有酸素運動で気をつけたいこと

秒数やセット数を書きましたが、大事なのはフォームなので以下の点に注意して、もしできてないなと思ったら秒数を短くしてみましょう。

  • 身体を一直線に保てているか
  • 余計な部分に力が入っていないか(腹筋、お尻、足の付け根以外)

の2点に注意です。例えばマウンテンクライマーで肩をすくめてしまっていたり、サイドプランクで腕に力が入ってしまっては体幹トレーニングの効果が少なくなってしまいます。

まとめ

  • プランク
  • サイドプランク
  • マウンテンクライマー

の3種目を組み合わせて、一気にダイエット効果を高めていきましょう。できるだけ休憩時間を作らず、自分を追い込むことがポイントの1つです。最初はきついと感じるかもしれませんが、トレーニングに関して言えば、きついことは必ず身になります。頑張りましょう!

くれぐれもフォームは気を付けてくださいね。

以上「体幹トレーニングでダイエットをする方法」でした。最後までありがとうございました。

コメント