スポンサーリンク

PFCバランスを細かく計算してダイエット失敗した話

PFCバランス

PFCバランスを細かく計算してダイエット失敗した話

こんにちは、Tracyです!今回は

PFCバランスを計算しながらダイエットしています

という方向けに私がパーソナルトレーナーとして指導している経験の中で、途中で挫折し、ダイエットを失敗してしまった方のエピソードをご紹介します。

今回の記事を読んでいただいて今後のダイエットに活かしていただければと思います。

もちろん、PFCバランスを計算することはダイエット成功の鍵になるのですが、それに加えてカロリー制限など、緻密な計算をしていると、いつしか食事を摂ることの楽しみを忘れてしまうこともあります。

できることなら

  • 楽しく
  • 出来るだけ生活を変えずに

あなたの身体を変えられるようにサポートするのが我々パーソナルトレーナーの役目ですので、今回はそのお手伝いをさせてください。

それでは分かりやすく解説していきます!

PFCバランスを細かく計算しすぎて途中で挫折し、ダイエット失敗してしまったクライアントの話

3ヶ月で−8kgという目標を立てた女性のお客さんがいました。

ダイエットについてだいぶ調べており、私にアドバイスの依頼が来た時にはすでに

方でした。

簡単なアドバイスをしてくれと言われ、

  • 1日の最大カロリー摂取量の計算をしてもらった
  • 食事の記録をしてもらった

のですが、この方はもともと食事が大好き。

それに加え何度ダイエットにチャレンジしようともリバウンドしてしまう傾向にあり、筋トレだとなかなか数値に現れないので、食事制限で一気に落とすという方法をとっていました。

今回こそは本気で!ということでしっかりと日々のPFCバランスを計算し、食事も急激に抑え始め、10日くらい経った時に、自分に制限をかけすぎてついに爆発。

そのままダイエットを挫折してしまったとのこと。

PFCバランスはダイエットにおいて最も重要ですが、大雑把でもOK

上記の経験から私があなたに伝えたいことは、

「せっかく生きているのだから、病的な肥満ではない限り細か〜く計算せずに、大雑把でも大丈夫ですよ」

です。

もちろん、

  • 記録することがダイエットを促進させる
  • 管理することによってなぜ痩せたか、もしくは太ったかが明確になる
  • 健康的にプラスな面の方が多い

のですが、自分を縛り付けてしまいすぎると逆効果になることもあります。

私自身もPFCバランスを用いてのダイエット方法は推奨していますし、指導するときも計算した上で食事のアドバイスを行います。

ですが、何事もやりすぎは良くないんですよね。

ちょっと食べちゃったら運動すればいいし、時間がなければ明日の食事内容を考えればいいんですよ。

難しく考えすぎないで、気楽にダイエットするのもおすすめですよ。

せっかくPFCバランスを気にしてダイエットしているのであれば筋トレもしましょう

ダイエットにPFCバランスは重要だし、ってかなんなら必要です。

で、せっかく計算しているのであれば、筋トレしませんか?

PFCバランスの目指すところは簡単に説明すると

  • 炭水化物と脂質の量を減らす
  • たんぱく質の量を増やす

ことなので、脂肪が燃焼しやすく、筋肉がつきやすい体質になります。

そんな状況なのに筋トレせずに筋肉をつけないなんてもったいないと思いませんか?

筋肉が付けば、当然ながらリバウンドしにくい体質にもなるので非常におすすめですよ。

もちろん細い筋肉をつけるためのトレーニング方法もありますしね。

まとめ:PFCバランスの計算を細かくやりすぎずにダイエットを成功させましょう

  • PFCバランスとカロリー制限を緻密に計算し、リバウンドしたお客さんもいました
  • 無理に自分を縛りすぎるのは良くないです
  • せっかくPFCバランスを計算してるのであれば筋トレしましょう

ということで今回はPFCバランスの計算をしすぎなくても大丈夫だよというパーソナルトレーナーとしての助言でした。

何度も言うようにPFCバランスは重要出し、これが普及すれば日本人全体の生活習慣病のリスクも一気に減るかもしれません。

ですが、細かく計算し、記録し、超えないように縛り付けると逆効果。

気楽にリラックスしながらあなたの理想の体型を目指してみてください!

以上「PFCバランスを細かく計算してダイエット失敗した話」でした。最後までありがとうございました。

コメント