AD

痩せる⁈ストレッチの消費カロリー

海 休日 カロリー
AD

痩せる⁈ストレッチの消費カロリー

こんにちは。ストレッチって痩せるの…?と思ったことはありませんか!そこで今回はストレッチの消費カロリーに注目してみましょう。

書く前から言ってしまいますが、正直ストレッチの消費カロリーはたかが知れています。ですが、ストレッチで痩せた!と言う方が結構いらっしゃいますよね。

それはなぜか?その辺についても書いていきます。それでは詳しくみていきましょう。

AD

ストレッチの消費カロリーは・・

ヨガ

何もせずに座った状態で消費されるカロリーがおよそ50キロカロリー。これは体重が60kgの方の計算なので、45kgほどの女性であれば約35キロカロリーとなります。

さて、この状態でストレッチを行うと・・・まぁ多くても100キロカロリーも消費しないでしょう

30分ストレッチをしたところでコンビニの鮭おにぎり2/3程度しか消費されません。

では、なぜ痩せるという人が多いのか?

消費カロリー以上に見た目を変えられる

ヨガ 女性

消費カロリーこそ高くはありませんが、ストレッチを行うと筋繊維に水分が入り込むので、疲労回復物資が流れてくれることによるデトックス効果があります。

また、筋肉を伸ばすことによって「内臓の位置」が正常にもどることがあり、これが消費カロリー以上に見た目の変えてくれる最大のストレッチ効果を言えるでしょう。

この体内の臓器を元に戻すのに伸ばすべき筋肉は足の付け根にある「腸腰筋」と呼ばれる筋肉です。ストレッチ性の高いトレーニングを載せておきますので、参考に行ってみてください。

まとめ

  • 消費カロリーは多くても100キロカロリーも消費されない
  • 消費カロリー以上に効果がある
  • デトックス×臓器の位置の正常化

そもそもストレッチの目的は消費カロリーを高めて脂肪を燃焼しましょう!というよりも筋肉を動かして、疲労回復効果やリラックス効果を狙う方がいいです。

頑張ってグイグイ伸ばしても消費カロリーは多くなりませんし、ストレッチとしての効果も薄まってしまいます。

ストレッチのやり方やコツについてはこちらから。

以上「痩せる⁈ストレッチの消費カロリー」でした。最後までありがとうございました。

コメント