AD

hiitトレーニングって何?やってすぐ効果が出るhiitについて

hiitトレーニング前 hiit
AD

hiitトレーニングって何?やってすぐ効果が出るhiitについて

こんにちは。

今回は世界中で話題沸騰中の究極のトレーニング方法「hiit」についてご紹介します。

この記事は「hiitトレーニングって何を目的にするものなの?」「ヒートトレーニングの効果は?」「具体的なメニューは?」という質問に答えていきます。

簡単に説明すると、ヒートトレーニングは「筋肉量を増やしながら脂肪を燃焼する」もので、これは科学的に論文も出ている「アフターバーン(epoc)」現象というものも関係してきます

hiitトレーニングは日本では「タバタプロトコル」として立命館大学の田端先生が発表したことで一気に広がりました。それでは詳しくみていきましょう!

AD

hiitの目的は?

脂肪燃焼

hiitトレーニングの目的は「筋肉量を増やしながら、脂肪を燃焼すること」です。

重い負荷をゆっくりと1回1回気合いを入れて行う筋トレとは異なり、軽い負荷そして高スピードでこなすものです。

普通の有酸素運動だと残念ながら筋肉は発達しにくいですよね。マラソン選手を思い浮かべてみるとみなさん細い筋肉をつけています。

このような「有酸素運動では細い筋肉がついてしまう」という問題と「筋トレだけじゃ運動量が少なくない?」という問題を一気に解消する究極のハイブリットトレーニング方法です。

hiitトレーニングはどう行うの?

hiitとは?

high-intensity interval training(高強度インターバルトレーニング)の略で、

激しい運動(最大心拍数の90%前後)

ゆっくりとした運動(最大心拍数の50%前後)

激しい運動

ゆっくりとした運動・・

と目的や目標に合わせて繰り返すトレーニング方法のことを言います。

例えば、5分全力で自転車を漕ぐ→3分ゆっくりと漕ぐ→5分全力→3分ゆっくり・・・と心拍数を上げる→安定させると繰り返すことによって様々な効果が期待できます。

hiitトレーニングの効果とすごいところ

hiitのすごいところ、効果

hiitトレーニングの主な効果は

  • 短時間で圧倒的な脂肪燃焼量
  • 短期間で痩せられる
  • 持久力、体力がつく

ことです。

また、冒頭でも少しお話しした通りに、脂肪燃焼やダイエットに関する効果はhiitトレーニングを行った後に発生するepoc(アフターバーン)という「激しい筋トレ後10時間ほど消費カロリー量が増えますよ」という理論が当てハマるので脂肪燃焼しやすいと言われています。

興味ある方はこちらのアフターバーン現象についての記事をご参照ください。

hiuitトレーニングの具体例一覧

どのようなトレーニング方法で実践されるのかご紹介します。

  • ターゲットにする部位の自重トレーニング(器具を使わないで腹筋を鍛えるhiitトレーニング)
  • マシントレーニング
  • バイク
  • ランニング

などが主にhiitトレーニングとして行われます。私は水泳でやってましたが、死ぬほど辛いです!!

まとめ

  • hiitの目的は筋肉量を増やしながら脂肪燃焼すること
  • hiitとは高強度トレーニング→ゆっくりを繰り返すトレーニング
  • アフターバーン現象がすごい

ということで、今回は鬼のhiitトレーニングについて書きました。

きついトレーニングですが、短時間で筋肉に刺激を与えられる、脂肪燃焼もするとまさに飽き性の方にはもってこいのトレーニングです!いち早く痩せたいという方はぜひお試しください、

以上「hiitトレーニングって何?やってすぐ効果が出るhiitについて」でした。最後までありがとうございました。

コメント