スポンサーリンク

腹斜筋はサイドプランクよりもツイストクランチの方がおすすめ

ツイストクランチ腹斜筋

腹斜筋はサイドプランクよりもツイストクランチの方がおすすめ

こんにちは、Tracyです!今回は、

腹斜筋を自宅(家)で鍛えて、くびれを作りたい

サイドプランクとツイストクランチだとどっちの方が腹斜筋を鍛えられる?

といった声にお答えしていきます。

腹斜筋とは、肋骨から骨盤にかけてお腹の横側についている筋肉で、身体を捻る動作や横に動く動作の時に利用されます。

くびれを形成するので、見た目に関しても重要な箇所ですね。

今回は「自重筋トレ」(自宅で行う)に焦点を当てて記事を書きました。

それでは詳しく見ていきましょう!

腹斜筋はプランクよりもクランチの方がおすすめです

「腹斜筋を鍛える」

と検索すると様々なサイトが出てきますが、おそらく初心者にオススメとして確実に出てくるのが、

の3種類かと思います。

その中で何がおすすめなのかと言うと、

ツイストクランチ

が最もおすすめでしょう。

理由は、

腹斜筋は動きを加えた時の方が刺激が入る

ので、プランクのようにじ〜っと我慢する筋トレよりも動いていた方が早く成長します。

ではそれぞれの鍛え方を見ていきましょう。

腹斜筋を鍛えるためのツイストクランチ

さて、腹斜筋を自重筋トレで鍛えるのに私がオススメするのは、ツイストクランチ。

やり方は、

  • 仰向けになり、少しお腹を凹ます
  • その状態から右肘と左膝をつける
  • 左肘と右膝をつける

を繰り返すトレーニングです。

腹筋を鍛える時にはいくつかポイントがあり、しっかりと守れないと効かないのでこれから書くことをしっかりと意識しましょう。

  • お腹を凹ました状態で行う
  • 膝はまっすぐと動かし、上半身のみ捻る
  • 息を吐きながら行う

この3つは確実にクリアしましょう!

もちろんサイドプランクでも腹斜筋は鍛えられる!

当然ながらサイドプランクでも腹斜筋を鍛えることは可能なので、こちらの方がやりやすいという方はサイドプランクを実践するのもOKです。

  • 横向きになる
  • 肩の真下に肘を置き、足の側面と肘から先の腕でで身体を支える
  • 身体が一直線になるように体制をキープする

のがサイドプランクです。

ちょっと難しいなというかたは「膝もついて」行うといいでしょう!

自重筋トレならバイシクルクランチもおすすめです

ツイストクランチの難易度が少し高いと感じた時は、

動画のようなバイシクルクランチがおすすめ。

何が違うのかというと、ツイストクランチは「1回1回しっかりと腹筋を動かす」のに対して、バイシクルクランチは「自転車を漕いでいる時のように下半身を中心に動かす」のがポイント。

腹筋よりも腸腰筋なども使いつつ鍛えることができますよ。

最初は見よう見まねでもOKです。

とにかくチャレンジしてみましょう!

以上「腹斜筋はサイドプランクよりもツイストクランチの方がおすすめ」でした。最後までありがとうございました。

コメント