スポンサーリンク

サイドプランクに一工夫!!くびれとプリケツを手に入れる方法

脂肪を落としてお腹周りをすっきりサイドプランク

サイドプランクに一工夫!!くびれとプリケツを手に入れる方法

こんにちは!

今回の記事では「くびれとプリケツが欲しい」女性向けにサイドプランクの応用をご紹介していきます。

流れは

  • サイドプランクの工夫は「足上げ」を追加しろ!
  • そもそもサイドプランクのやり方教えて
  • 毎日同じはやだ。という方向けの「クラムシェル」
  • くびれは脂肪を落とさないとダメ

というように話を進めていきます。

難易度は少し高い体幹トレーニングになるのですが、今回紹介する筋トレたちを継続することができれば素敵な「プリケツ」と憧れの「くびれ」に近づくこと間違いありません

それでは詳しくみていきましょう!

くびれ×プリケツはサイドプランクで足を上げる

いきなり紹介するのにこんなこと言うのは気が引けますが、正直結構きつい体幹トレーニングなので覚悟しておいてください。

サイドプランクでお尻に効かせる方法は、サイドプランクの姿勢で、上に置いている足を上下に動かします

この時の注意点は、

  • 肩の力を抜く
  • 足を動かす際、骨盤も動かさない
  • お尻をしっかりと意識する

こと。先ほども言ったように、中級者向けの体幹トレーニングになるので初めのうちは、膝やスネは地面につけた状態で行うといいでしょう♪

足上げサイドプランクで鍛えられる部位は?

この足上げサイドプランクで鍛えられる筋肉は

  • 腹筋の横(腹斜金、くびれの部分)
  • お尻周り
  • 太ももの外側

です。

上記した筋肉以外のところがきつければ、それはおそらくフォームが間違っています。

とはいえ、最初は全身に力が入ってしまうと思うので、無理はなさらず。

サイドプランクのやり方と注意点

そもそもサイドプランクって何やねん。

という方にサイドプランクのやり方と注意点をご紹介します。

動画のように横向きになって、身体を、肘〜腕、足で支えるように一直線に保ちます。

注意点は

  • 肩をすくめない
  • 腹筋以外に力まない
  • お尻を下げない

という3点。少しずつ慣れていきましょう!

正直お尻ならバックキックの方がおすすめ

毎日毎日サイドプランクだけじゃ飽きちゃうよ!

という方には「バックキック」をおすすめします。

こちらの種目の方が、お尻にダイレクトに効かせることができるので、「とにかくお尻を鍛えたい」という方におすすめの種目です。

詳しいやり方やクラムシェルの効果を高めるための工夫についての記事があるのでそちらもご参照ください。

これができなきゃくびれない「食事管理」

くびれに関しては、やはり最も重要なのは「食事管理」となります。

具体的には

  • たんぱく質を多く摂る
  • 鉄分、ミネラル、ビタミンなどを多く摂る
  • 炭水化物と脂質を減らす
  • お菓子、ジュースは禁止

などでしょう。詳しい内容はこちらの記事をご参照ください。

まとめ

  • サイドプランク×足上げ
  • 他の種目ならクラムシェルがおすすめ
  • 食事管理も非常に重要

いかがでしょうか、チャレンジしてみましたか?

最初からできたよ!という方もきつすぎワロタという方も、継続することでこれらの効果を実感することができます。

継続する秘訣は「毎日やる」ことです。なので今回は種目を変えられるようにサイドプランクの他にクラムシェルも紹介させていただきました♪

頑張りましょうね!

以上「サイドプランクに一工夫!!くびれとプリケツを手に入れる方法」でした。最後までありがとうございました。

コメント