スポンサーリンク

ツイストクランチができないなら呼吸を変えろ!正しいやり方

ツイストクランチのやり方クランチ

ツイストクランチができないなら呼吸を変えろ!正しいやり方

こんにちは、Tracyです!今回は

ツイストクランチができない

正しいツイストクランチのやり方を教えて

という方向けの記事です。

ツイストクランチとは腹筋の横側、すなわちくびれを形成するための筋肉を鍛える自重筋トレ方法。

少し間違えれば腰が痛くなったり全く無意味なトレーニングになってしまうので、今回の記事でしっかりとマスターしてください。

それでは詳しく見ていきましょう!

ツイストクランチができないのは難しいやり方でやっているから

ツイストクランチとは、通常のクランチの方法から身体を捻るトレーニングですね。

クランチ同様、腹直筋と横側についている腹斜筋を鍛えることが可能です。

よく「右肘と左膝をつける」と指導されるのですが、実はこれがツイストクランチができないという方が増える原因で、何も肘と膝を合わせなくても身体が捻れていれば大丈夫です。

とはいえ、やはりポイントがあるので解説しますね。

ツイストクランチは呼吸を意識すれば良い

ツイストクランチの理想は肘と膝が合わせられるくらい腹筋を絞れることですが、それが無理な方は合わせる必要はないと言いました。

で、合わせることが難しい人はツイストクランチの効果を高めるために「呼吸を意識」してください。やり方は、

  • 捻っている時に息を吐きながらお腹を凹ます
  • 元に戻しながら息を吸い、お腹を膨らます
  • 息は吐き切る

という具合に腹式呼吸を取り入れましょう。

こうすることでより腹筋を絞れるので、できないと思っている方はこの呼吸法を実践してみてください。

ジムでツイストクランチを行うなら、ロータリートーソーでもOK

もしジムに通われているのであれば、ツイストクランチはロータリートーソーなどで代用が効きます。

私はなぜだか腰に違和感を覚えるのでロータリートーソはあまりやりませんが・・

ってかそもそも実は腹筋はあまり鍛えないかもしれません。

まとめ:呼吸を意識すればツイストクランチができないことはない

  • ツイストクランチは肘と膝をつけなくてもいい
  • 腹式呼吸で息を吐き切るのがポイントです
  • ジムならロータリートーソーでも大丈夫

ということで今回はツイストクランチについて解説しました。

もちろん、腹直筋いわゆる腹筋を鍛えるクランチと組み合わせで行うのが理想なので、クランチと掛け合わせて行うとしっかりと腹筋を鍛えることができるでしょう。

ちなみにですが、腹筋を割りたいと思ったら腹筋だけ行っていてもその道は遠いでしょう。

  • 脂肪を落とす
  • 大きい筋肉を鍛える
  • 腹筋も形成する

この3つの努力で理想の腹筋を手に入れることができるので、こちらの記事も参考にしてみてください!

以上「ツイストクランチができないなら呼吸を変えろ!正しいやり方」でした。最後までありがとございました。

コメント