自重トレーニングのメリットとデメリット【今すぐやるべき】 | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

自重トレーニングのメリットとデメリット【今すぐやるべき】

自重トレーニングのメリットとデメリット【今すぐやるべき】

筋トレ

TRACY 編集部

編集部

2021.09.13

自重トレーニングのメリットとデメリット【今すぐやるべき】

こんにちは、TRACYです!今回は

「自重トレーニングを始めようと思っている」

という方向けに

  • 自重トレーニングのメリットとデメリット
  • 本当に効果が出るのか?

を解説していきます。

この記事をまとめると

  • 自重トレーニングのメリットは自分優位にトレーニングができる
  • デメリットは効果を出すまでに時間がかかる
  • 正しいフォーム、栄養素、その他筋トレの基本について知っていれば確実に効果を出せる

といったところでしょうか。それでは分かりやすく解説していきます。

自重トレーニングのメリット!ジムに行かなくてよい最強の筋トレ

嬉しい ジャンプ

自重トレーニングのメリットは、

  1. ジムに行く手間が省ける
  2. 金銭的負担が少ない
  3. 自分のタイミングでトレーニングできる
  4. ケガをしにくい

の4つ。後ほど詳しく解説しますが、当然自重トレーニングでも筋トレの効果を得ることは可能です。

あとは自重トレーニングに関しては

  • 柔軟性の強化
  • 疲労回復のための「アクティブレスト」

として取り入れられることが多いです。

要するにゴリゴリに筋トレすることもできますが、どちらかというと調整のためのトレーニングとして使われることの方が多いということですね。

急げ!筋肉を1ヶ月でつける究極の【自重筋トレ方法とメニュー】

自重トレーニングのデメリット-筋トレ効果が出るまで時間がかかる

もちろんジムでの筋トレと比較すると自重トレーニングにもデメリットがあって、

  1. 筋肉を発達させにくい
  2. フォームなどを確認しづらい
  3. 甘えてしまう
  4. 効果が出るまでに時間がかかる

といったデメリットが主に挙げられます。

筋トレはある意味「どれだけ負荷をかけられたか」で効果が決まるところもあるので、当然ジムでダンベルを持つより、自分の体重だけで負荷をかけるトレーニングの方が筋肉への負荷が少ないことは明確でしょう。

筋肉痛が来ない!けど、筋肥大はする。やるべきこととは?

自重トレーニングは効果が出るのか

自重トレーニングのメリットとデメリットについて解説しましたが、悩みの種は「そもそも自重トレーニングで効果が出るのか」といったところでしょう。

結論から言うと、自重トレーニングでも効果はしっかりと出せます。そのためには

  • 正しいフォームで自重トレーニングをする
  • サボらずに大きなフォームで筋トレをする
  • たんぱく質を多く摂取する

などは最低限必要なこと。

これらを意識して自分の限界にチャレンジしましょう!

まとめ:自重トレーニングのメリットとデメリット

自重トレーニングのメリット

  1. ジムに行く手間が省ける
  2. 金銭的負担が少ない
  3. 自分のタイミングでトレーニングできる
  4. ケガをしにくい

自重トレーニングのデメリット

  1. 筋肉を発達させにくい
  2. フォームなどを確認しづらい
  3. 甘えてしまう
  4. 効果が出るまでに時間がかかる

そして何より自重トレーニングで効果を出すことは可能です。参考までに自重トレーニングの種類等を紹介している記事を載せておきます。

以上「自重トレーニングのメリットとデメリット【本当に効果出るの?】」でした。最後までありがとうございました。

筋トレ
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Relation Article関連記事

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング