AD

たんぱく質を普段の食事から摂取するには

食事

たんぱく質を普段の食事から摂取するには

こんにちは。

運動されている方が1日に摂取したいたんぱく質量は約70g。白米に換算すると約3キロです。みなさんしっかりとお米を食べましょう!!

というのは冗談です。お米3キロも食べたら糖質と炭水化物の摂りすぎでみるみるうちにメタボまっしぐらです。

 

お米3キロ分のたんぱく質を摂取したい理由はたんぱく質が筋肉の合成を担っているためです。ですがそんな量をどのように摂取したらいいかなんてみなさん知りませんよね。

そこで今回は、たんぱく質を多く含む食材の紹介と、そもそもたんぱく質とはなんぞやについて書いていきます。

 

おすすめ食材3つ

早速、たんぱく質を多く含むおすすめの食材を紹介します。上手に調理しておいしく召し上がりましょう!

また、外食時にも手軽に注文できるような物をチョイスしました。

鶏むね肉

ブロイラー

まずは皆さんも想像ついたでしょう、鶏肉です。いろんなサイトでも書いてあるように本来は「ササミ」がおすすめですが、今回は「胸肉」にしました。

今までササミを推奨していましたが、家族に料理をふるまう側の方たちの意見で最も多かったのが・・・「ササミはあまり美味しくない」というものです。

どうしてもパサパサしてしまうし、調理のレパートリーが少ないという声を聞いてきたので、胸肉をおすすめしています。

 

胸肉はササミに比べて脂質が多い半面、味は最高ですね。ここでワンポイント!!

脂質が多いのは皮の部分なので、実際に食べるときは皮を取って食べましょう。そうすることによって少ない脂質で美味しくたんぱく質を摂取することができます。

 

マグロ

マグロ

お次はお魚。実は魚にもたんぱく質が豊富に含まれています。サバなどの青魚や安くて美味しいなんかもおすすめですが、マグロはDHAというものも多く含んでいます。

お寿司屋さんでトロばかり注文している人は赤身も食べてみてください。低カロリーで高たんぱく、それでいて脳細胞を活性化させる「DHA」の含有量が魚の中でも群を抜いています

ボディメイクのサポートをして、頭もよくしてくれるお魚をしっかりと摂取したいところですね。

 

納豆

大豆 牛乳 プロテイン

上記で紹介した「鶏むね肉」と「マグロ」はいわゆる動物性たんぱく質です。身体を作り上げるという観点のみであれば動物性たんぱく質がいいのですが、お腹が弱い方やヘルシーな食事を心がけたい方向けに「大豆」を使った植物性たんぱく質をおすすめします。

代表的なのはやはり「納豆」でしょう!たんぱく質のみならず、酵素(ナットウキナーゼ)も入っており健康にはもってこいの食品です。私も毎日摂取するようにしています。

 

大豆商品は他にも「豆腐」や「豆乳」などもおすすめです。15時頃に間食として摂取することによって痩せた!という方は多くいらっしゃいます。是非チャレンジしてみてください。

 

たんぱく質とは

ずばり、身体を作り上げる「アミノ酸」の集合体というのが一番わかりやすいでしょう。

たんぱく質がなければ、そもそも健康になることが出来ないというより、生き続けることが不可能となります。

皆さんも聞いたことがある三大栄養素の中の一つです。基本的に普段の食事からも少量ですが、摂取はできています。

ですが、たんぱく質は圧倒的に摂取量が少ない栄養素、つまり不足しやすい栄養と言えるでしょう。

 

冒頭にも述べたとおりに1日の中で「70g」程度のたんぱく質を摂取しましょう。それでなおかつ筋力トレーニングを実践すればあなたの身体は劇的に変化するはずです。

まとめ

  • 鶏むね肉
  • マグロ
  • 納豆

どれも普段の食事で摂取しやすいものですね。鶏むね肉の注意は皮をとること!!これだけでも覚えて帰ってください。

そんなにたんぱく質のことを考えて食事を作ることなんてできないという方はプロテインを飲むのも一つの手です。

実際に私もトレーニング後は絶対にプロテインを摂取していますしね。

たんぱく質を一瞬で摂取する裏技「プロテイン」

 

また、上でも少し述べていた通り、動物性と植物性でも少し変わってきます。プロテインの種類で言うと、ホエイとソイが有名ですね。こちらも併せてご覧ください。

痩せるためにはソイプロテイン?

 

以上「たんぱく質を普段の食事から摂取するには」でした。最後までありがとうございました。

‐Fornb‐

オンラインフォームチェック

自宅で筋トレをしたい!
そんなあなたをサポートするオンラインフォームチェック。
まずはお気軽に無料カウンセリングから

食事
AD
tracyをフォローする
手の届く心と身体の健康増進メディア | Tracy(トレイシー)

コメント