スポンサーリンク

アフターバーン効果を得るための食事【内容・タイミング】

食事の内容やタイミングアフターバーン

アフターバーン効果を得るための食事【内容・タイミング】

こんにちは、Tracyです!今回は

アフターバーン効果を得るために必要な食事に関する知識を教えて

筋トレしてるんだけど、効果を最大化させるための食事について教えて

という声に応えていきます。

超簡単に説明すると、

  • たんぱく質を増やしましょう!
  • 空腹時で筋トレするのもよくないよ
  • とはいえ筋トレ後も摂取すべきだね

です!

ちなみにアフターバーンとはそもそも「激しいトレーニングすれば、運動後もカロリー消費が続くよ」というものです。

それでは詳しくみていきましょう。

アフターバーン効果を得るための食事内容

アフターバーンに限らず、全てのトレーニングしている人の食事内容の注意点は、

  • 全体的に食事摂取量を増やす
  • その中でもたんぱく質は多く摂取する
  • アミノ酸、ビタミンも忘れずにね

といったところでしょうか。

私の場合は、

  • プロテイン
  • マルチビタミン
  • BCAA

の3種類をサプリメントで摂取しつつ食事内容は

  • 野菜をしっかり摂取する
  • 余分な脂肪はなるべく控える
  • 糖質は摂りすぎない

ようにしていますよ。

食事のタイミングは運動前?後?

ブロッコリー

アフターバーンをさせるための食事のタイミングは、運動前・運動後両方です。笑

  • トレーニング前に軽食を摂る
  • トレーニング直後にプロテインなどでたんぱく質を摂取する
  • トレーニング後なるべく早めに食事をする

のが理想でしょう。

理由は、

  • アフターバーンには心拍数の高まるトレーニングが必要
  • 空腹時に激しいトレーニングするのは危険
  • トレーニング後の食事はエネルギーとして必要

だからです。

そもそもアフターバーン現象を起こすために必要なことは・・・?

アフターバーンとはそもそも「激しいトレーニングすれば、運動後もカロリー消費が続くよ」というものです。

そのアフターバーン現象を起こすためにおすすめの方法は、

  • HIIT、タバタ式などの筋トレプログラムなどを行う
  • 坂道ダッシュ
  • バイク

です。

一番最初のHIITなどは手軽に自宅でもできるのでおすすめですよ!

まとめ:アフターバーン効果を得るための食事

  • 内容はたんぱく質を増やしましょう
  • タイミングは前も後も両方
  • おすすめはHIIT、タバタ式

ということでアフターバーンについて書きましたが、理解のほどはいかがでしょう。

未だエビデンスやら実証などが少ない理論ではありますが、筋トレは確実にあなたの身体を変えると私は信じています。

とにかく、チャレンジしてみることが重要ですね。

頑張りましょう!

以上「アフターバーン効果を得るための食事【内容・タイミング】」でした。最後までありがとうございました。

コメント