スポンサーリンク

チンニングで広背筋をうまく使えない人の特徴「アゴ懸垂」コツを公開!

トレーニングチンニング

チンニングで広背筋をうまく使えない人の特徴「アゴ懸垂」コツを公開!

こんにちは、TRACYです!今回は

「チンニングでうまく背中に効いている感じがしない」

という方向けにチンニングのコツといわゆる「アゴ懸垂」になってしまっている方の特徴をご紹介します。

  • 腕で引っ張り上げている感覚がある
  • 肩に力が入っている

方は要注意ですので、今回の記事を読んでしっかりとしたチンニングを習得しましょう!

それでは分かりやすく解説していきます。

チンニングで広背筋をうまく使えない人の特徴

チンニングで広背筋を上手に使えない人の特徴として、

  • 腕で上体を上げている
  • 脇が閉まっている
  • 上を向き、アゴをバーに寄せている

などの特徴が挙げられますが、どうでしょう?

当てはまるところはないですか?

これらを順番に解消していくことがチンイングを効果的に行うポイントなのでしっかりと解消していきましょう。

背中の筋肉をチンニングで最大限まで使うコツ。正しいやり方

それでは上で紹介したような問題を解消していくチンニングをここで確認しておきましょう。

  • 肩幅より少し広めでバーを握る
  • 背中の後ろで肘を合わせるようなイメージで身体を上げる
  • この時にアゴをバーに寄せるのではなく、胸をバーに近づけるイメージで
  • 小指側に力を入れる
  • 身体を丸めないように行う

のがチンニング、懸垂のやり方です。

え〜できないよう、という方はご安心を。

次のやり方を試してみましょう!

チンニング初心者は鍛え方を変えろ!おすすめの「逆懸垂」

で、ここからは懸垂難しい!という方。

筋力をつけるのが答えなのですが、そんなこと言ってもしょうがないので、チンニングの練習も兼ねて行いましょう。

のがおすすめの筋トレ方法。

それぞれ試してみて、これなら続けられるというものを継続しましょう。

自宅で背中を鍛えたい・・そんな時は【インバーテッドロウ】一択!

毎日すべき?頻度について

さて、懸垂などの筋トレの頻度ですが、はじめのうちは毎日行っても大丈夫です。

そもそも筋トレは「超回復」と呼ばれる筋肉の回復期間が重要と言われているのですが、初心者の肩にとって懸垂の第一目標は「筋肉を大きくする<懸垂できる身体にする」なので、できるのであれば毎日行いましょう。

ですが当然筋肉痛などもあるので、筋肉痛が来たときはおやすみ。

ってなるとほとんどの方が2日に1回くらいの頻度になると思いますが、これを継続していれば確実に筋肉がつくようになりますよ。

超回復中に筋トレを行うと筋肉量が減る。回復加速トレーニング

チンニングの主な効果と鍛えられる筋肉の部位

チンイングによって鍛えられる筋肉も理解しておくと、トレーニング効率が上がるのでこの辺も少し理解しておくといいでしょう。

懸垂で使う筋肉は

  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 上腕三頭筋

と、主に背中や背面の筋肉になります。

つまり懸垂を継続して行うことによって

  • 猫背が治る
  • 後ろ姿がカッコよく、そして無駄な脂肪を落とせる

などの効果が出てくるので、本当におすすめのトレーニングですね。

効果はどれくらいの期間で出る?

自宅で筋トレダイエット!すぐできるメニュー3選!腹筋は二の次

チンニングなどの自宅でできる筋トレの効果は「2週間後」くらいに徐々に現れてきます。

流れとしては

  • 2週間継続して自重筋トレを行うと、動きがスムーズになる
  • この辺りで筋肉の成長を感じ始める
  • 3週間後くらいに身体の変化が見れる
  • その後は筋肉が大きくなる

といった期間が変化していく人がほとんどですね。

この時に大事なのは

  • 継続して行う
  • 最後まで力を出し切るようなトレーニング方法

をとること。

無理しないで、でも頑張ろう!という矛盾になってしまいますが、応援していますよ。

以上「チンニングで広背筋をうまく使えない人の特徴「アゴ懸垂」コツを公開!」でした。最後までありがとうございました。

コメント