スポンサーリンク

おすすめエクササイズ!腹筋上部を鍛える【ヒールタッチクランチ】

体幹トレーニングでお腹周りを凹ますヒールタッチ

おすすめエクササイズ!腹筋上部を鍛える【ヒールタッチクランチ】

こんにちは、Tracyです!今回は

腹筋を鍛える方法でヒールタッチクランチというものを見かけたんだけど、どうすればいいの?

という方向けにヒールタッチクランチのやり方やその効果などをご紹介していきます。

今回のこの記事ではヒールタッチクランチのエクササイズする時のポイントや初心者が悩む問題点などをわかりやすく解説しているので、是非読みながら実践してみてください。

ベッドの腕で読みながらできるので、まずはやってみましょう!

それでは分かりやすく解説していきます。

おすすめエクササイズ「ヒールタッチクランチ」のやり方

初心者の方にもおすすめのエクササイズ「ヒールタッチクランチ」のやり方ですが、

  1. 膝をまげて仰向けになる
  2. ゆっくりと息を吐きながらおへそをのぞくように背中を丸めていく
  3. 腕を伸ばし、かかとに触れる
  4. 息を吸いながら仰向けに戻る

というどシンプルな腹筋エクササイズになります。

ここでヒールタッチクランチなどをはじめとする腹筋エクササイズの一番重要なポイントは

「胸から足の付け根までの距離を出来るだけ縮める」

ことをどれだけ意識できるかになってきます。

ヒールタッチクランチで得られるエクササイズの効果

今回紹介しているヒールタッチクランチで得られる効果は

  • 腹筋の上部を鍛える
  • 基礎的な体幹力がつく

といったところ。

主に正面を向いた時にあるお腹の筋肉を鍛えるエクササイズなので、いわゆるくびれなどの身体の横についている「腹斜筋」に関しては別のトレーニング方法の方がおすすめになります。

ヒールタッチクランチはエクササイズ中に呼吸を意識すると効果が高まる

さて、これも腹筋エクササイズ全般におけるポイントなのですが、呼吸を変えるだけでヒールタッチクランチの効果を倍増させることが可能です。

具体的な方法としては、腹式呼吸を行いながらエクササイズするというものなのですが、

  • 息を吸いながらお腹を膨らませる
  • 息を吐きながらお腹を凹ませる

という基本を押さえた上で、

  • 仰向けの状態で息を大きく吸う
  • 息を吐きながらかかとに触れるように背中を丸めていく
  • かかとに触れつつ息を吐き切るまでキープする

のがヒールタッチエクササイズの効果を上げるポイントです。

通常のヒールタッチクランチが何も問題なくできるようになってきたらチャレンジしてみてください。

まれにエクササイズをしているとヒールタッチクランチは首が痛くなります

さて、実はヒールタッチクランチなどのエクササイズをしているとどうしても首が痛くなってしまうという方が出てきます。

正しいフォームで行っているにも関わらず、首が痛くなる方の原因はずばり「力んでいるから」でしょう。

これに関しては、

  • 腹筋の力だけを利用してヒールタッチクランチを行うように意識する
  • 筋肉がつくまでの辛抱だと割り切って頑張る
  • 通常のクランチなどに切り替える

といいですね。

通常のクランチというのは首の後ろで腕を組んで行うトレーニングを想定しているので、少しでも首の負担が減るでしょう。

まとめ:おすすめエクササイズ「ヒールタッチクランチ」のやり方

  1. 膝をまげて仰向けになる
  2. ゆっくりと息を吐きながらおへそをのぞくように背中を丸めていく
  3. 腕を伸ばし、かかとに触れる
  4. 息を吸いながら仰向けに戻る

ということで今回はヒールタッチクランチについて書きましたがいかがでしょう、実践できそうですか?

このエクササイズは

  • ベッドの上でできる
  • 男女問わずOK
  • ご高齢の方、筋トレ初心者の方にもおすすめ

のものなので、この記事をきっかけに日々の筋トレに取り入れてみてください。

以上「おすすめエクササイズ!腹筋上部を鍛える【ヒールタッチクランチ】」でした。最後までありがとうございました。

コメント