【ヒップスラストのデメリット】超効率的にお尻を鍛える方法 | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

【ヒップスラストのデメリット】超効率的にお尻を鍛える方法

【ヒップスラストのデメリット】超効率的にお尻を鍛える方法

ヒップスラスト

TRACY 編集部

編集部

2020.09.02

【ヒップスラストのデメリット】超効率的にお尻を鍛える方法

こんにちは、TRACYです!今回は

「ヒップスラストってデメリットあるの?」

という方向けにヒップスラストのデメリットとそれをカバーする方法をご紹介します。

ヒップスラストでお尻を大きくしたいと考えている人にとっては必要不可欠の理論で、逆に言うとそれをどうにかできれば超効率的にお尻を鍛えることが可能です!

それでは分かりやすく解説していきましょう。

ヒップスラストのデメリットはお尻を大きくできないこと!?

冒頭でも軽く述べましたがヒップスラストのデメリットは

  • お尻が伸びている時に負荷がかからない=筋肉が大きくなりにくい
  • フォームが難しくしっかりとお尻に効かせられない

の2つ。どういうことかと言うと・・・

大前提として、「筋トレは筋肉が伸びている時にどのような、そしてどれくらいの負荷を与えることができたのか」が筋肉の成長に影響してきます。

つまりストレッチしている時の筋肉の負荷が適切であればその分筋トレの効果も出やすいのですが、ヒップスラストの場合「お尻が伸びている時の負荷が少ない」のであまり効率的とは言えないんです。

ですがお尻の筋トレとしては

  • 人気
  • 家でできる
  • お尻に効かせられれば効果が出る

ので、お尻が伸びた時に負荷のかかりやすいトレーニングと並行して行うとそのデメリットも解消することができますよね!

ストレッチしながら筋トレすると、驚愕するほど身体が変わる

デメリットをカバーするヒップスラストに代わる筋トレ「スクワット」

で、そのお尻が伸びた時に負荷のかかりやすいトレーニングで誰しもが知っているのが「スクワット」、知ってますよね?

  • 足を肩幅ほどに開く
  • 胸を開いた状態で後ろの椅子に座るように腰を下げる
  • 動き始めるのは膝からではなくてお尻から
  • 呼吸を止めないように、90度ほどまで下げる
  • 膝を前に出しすぎないよう気をつける

というのが正しいやり方!トレーニングメニューの掛け合わせとしては

ほど繰り返すともうすっごいプリケツ目指せますよ。

ヒップスラストでお尻を鍛える方法【確実にヒップアップさせよう】

ではここで自宅で行うヒップスラストのやり方をおさらいしておきましょう。

  • ベッドなどを背もたれにし、膝を90度ほどに曲げて座る
  • 肩甲骨ら辺を起点にお尻を浮かせる
  • お尻の穴を締めつつ骨盤を上下運動をする
  • 20~30回ほどゆっくりと行いましょう

このとき

  • 腰を反るようにお尻を上げない
  • お尻の穴をしっかりと締める
  • 足の位置はしっかりとお尻に力が入るところを探して

行ってみましょう。

ヒップスラストのメリットと鍛えられる筋肉

ヒップスラストで鍛えられる主な筋肉は

  • 大臀筋:お尻
  • ハムストリングス:裏もも

になります。主に後ろ側の筋肉ですね!

ここ以外のところに負荷のかかっている感じがしたらトレーニングフォームが間違っている可能性があるので動画等を確認しながら実践していきましょう。

以上「【ヒップスラストのデメリット】超効率的にお尻を鍛える方法」でした。最後までありがとうございました。

ヒップスラスト
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング