スポンサーリンク

有酸素運動の脂肪燃焼効果の期待は低い

歩く 散歩有酸素運動

有酸素運動の脂肪燃焼効果の期待は低い

こんにちは!今回は脂肪燃焼を有酸素運動でしようと考えている方向けの記事です。タイトルにもある通り、私は有酸素運動から得られる脂肪燃焼効果は低いと考えています。

今回の記事を読んで、有酸素運動を継続して行うか、はたまたほかの運動・トレーニングを加えるかを決める参考にしてみてください。

脂肪燃焼にたどり着くには、筋肉エネルギーを使う→血液内のエネルギーを使う→脂肪のエネルギーを使うという3つのフェーズが必要です。

ですが、有酸素運動が脂肪燃焼に意味がないか?それは違います。脂肪燃焼・ダイエットにおいて最も重要なのは「継続」です。

激しい運動を毎日行うことは出来ませんが、有酸素運動であれば毎日継続して行うことが可能です。有酸素運動は脂肪燃焼において「非効率だが、確実」と言えるでしょう。それでは詳しく見ていきます。

有酸素運動の脂肪燃焼メカニズム

有酸素運動の脂肪燃焼メカニズム

有酸素運動の脂肪燃焼メカニズムは、先ほどの通り、有酸素運動を行う→筋肉中のエネルギーを使う→血液中のエネルギーを使う→脂肪燃焼という具合で、有酸素運動を20分程行うと脂肪燃焼にまでたどり着けます。

有酸素運動とは、簡単に説明すると安静時よりも脈拍を少し上げた運動。これを長時間続けることによって脂肪燃焼が行われるということですね。

そもそも脂肪燃焼って・・

そもそも脂肪燃焼とは

今回この記事では脂肪燃焼を、運動によって脂肪のエネルギーを使うこととします。

先ほど有酸素運動をし始めてから脂肪燃焼に至るまでのメカニズム・順番を紹介し、それにかかるまでの時間を20分と説明しましたね。この20分というのは、筋肉中のエネルギーや血液中のエネルギーがある程度使われるまでの時間です。

さて、ここで有酸素運動よりも激しい運動を行うとしましょう。そうすると、脂肪燃焼に至るまでの時間も当然早くなります。

つまり、脂肪燃焼を期待して有酸素運動を行うよりも、もっと激しい運動をして、いち早く筋肉中のエネルギーと血液中のエネルギーを使ってあげると、脂肪燃焼に至るまでの時間が圧倒的に早くなります

有酸素運動とは健康のために行うもの

有酸素運動とは健康のために行うもの

有酸素運動は最大心拍数の50~70%程で行う運動で、特に用意するものやお金をかける必要がないので、時間を作ればどんな方にでも実践することができます。

なので、有酸素運動を行う目的は、

  • 血流を良くする
  • 運動不足の解消
  • 継続して運動を行う

などになります。あくまでこれらは健康になるためであって、脂肪燃焼をさせたいのであれば有酸素運動よりももっと激しい運動を行うべきでしょう。

まとめ

  • 筋肉→血液→脂肪燃焼
  • 有酸素運動よりも脂肪燃焼効果の高い運動はある
  • 有酸素運動とは健康を目的として行うもの

記事中でも言いましたが、ダイエット・脂肪燃焼に一番重要なのは「継続すること」です。有酸素運動はこの点においてはとても効果的ですが、いかんせん1度で得られる脂肪燃焼効果は少ないと言えるでしょう。

ではどうやって、脂肪燃焼をするか?その答えは筋トレした後に有酸素運動をするのが最強です。詳しくは別の記事で!

以上「有酸素運動の脂肪燃焼効果の期待は低い」でした。最後までありがとうございました。

コメント