スポンサーリンク

身体の痛みをストレッチで解消するには

成功して喜ぶ姿ストレッチ

身体の痛みをストレッチで解消するには

こんにちは。みなさんの身体の痛みの大半はストレッチで解消することができます。

ということで今回は痛み別にどこを伸ばせばいいのかについて書いてきます。みなさんの不調が少しでもよくなりますように…!

痛みの出る箇所を支える筋肉を伸ばす

その部位を支えている筋肉を伸ばす

痛みが生じている筋肉を支えている筋肉をストレッチして、コリをほぐすことで改善することが多いです。

痛みの原因にもよるのですが、基本的には周りの筋肉を使いすぎ、もしくは使わなすぎで筋肉が固まる→特定の部位に負担がかかるということが言えるでしょう。

そもそも筋肉量が少ない場合は筋トレを行うことをオススメします。

痛み別伸ばすべき筋肉

  • 肩→肩甲骨・首回り
  • 膝→太もも
  • 腰→お尻

を伸ばしてあげるといいでしょう。

骨が痛い場合は病院に行きましょう

股関節、骨盤の歪み

今回紹介したのは筋肉が固まっていることが原因で出る痛みの解決方法です。

もし、関節が痛む・骨が痛むということであれば病院に行きましょう。その場合は筋肉不足によって骨自体が損傷している可能性が高いです。腰なら神経が出てしまう「ヘルニア」や「狭窄症」なども疑われますしね。

そうなったらひとまず安静にする、薬を飲むなどの治療法を行ってから運動療法に入りましょう。

まとめ

  • 痛い部分を支えている筋肉を伸ばす
  • 筋肉量が少ないなら鍛える
  • 骨が痛いなら検査しましょう

とはいえ、やはり無理は禁物です。私も症状を聞いただけで的確な解決方法を提示できるスキルはないので、しっかりと目視してもらって最高の治療法を実践しましょう。

腰が痛くてストレッチしたらもっと悪化した・・なんてこともありますからね!

以上「身体の痛みをストレッチで解消するには」でした。最後までありがとうございました。

コメント