スポンサーリンク

プランクウォークの効果を最大限まで引き上げる方法

体幹トレーニングでお腹周りを凹ますプランク

プランクウォークの効果を最大限まで引き上げる方法

こんにちは、Tracyです!今回は

プランクウォークの効果がなかなか出ない

という方向けにプランクウォークの効果を出す方法とちょっとしたポイントについて解説していきます。

王道の体感トレーニングでもある「プランク」に一工夫を加えたトレーニングなので、しっかりと継続できれば確実に効果は出てきます。

今回紹介するポイントを抑えて正しい効率的なやり方で体幹を鍛えていきましょう!

それでは分かりやすく解説していきます。

効果ない人必見!プランクウォークの効果を出すときに気をつけたいこと

さて、早速ですがプランクウォークの効果をしっかりと出すために必要なポイントは、

  • 歩く動作をつけるときに骨盤を左右に揺らさない
  • お腹を凹ます意識を持って行う
  • お尻の穴を閉める

以上3点です!

はじめのうちは動く動作をつけるとどうしても骨盤が傾いてしまったり、フォームが崩れてしまいますが、体幹トレーニングの本質は「身体を動かしたときに耐える力」と思ってもらって大丈夫なので、その肝心なときになるべく骨盤を動かさないように意識できればその分効果も出ます。

プランクウォークの効果が出るまでのおおよその期間

ちなみに、プランクウォークを含めた全ての体幹トレーニングは「1ヶ月」も継続できればそのトレーニングの効果をしっかりと体感できるでしょう。

ざっくりとした解説をすると、

  • 最初の1週間で基礎的なフォームが身につく
  • 次の2,3周目で身体が慣れてきて、トレーニング継続できる時間が増える
  • 4週目くらいから次の段階にグレードアップしたトレーニングを行える

ので、結果的に1ヶ月くらいかけて効果を出すようなスケジュールを組むといいでしょう!

通常のプランクの後に続けてやると効果を最大まで引き上げられる

ちなみにですが今回紹介した「プランクウォーク」はプランクを30秒ほど行った後にそのまま継続して行うことで、その効果を高めることが可能です。

合計の秒数は60秒ほどになってしまい、きつくなってしまいますがその分腹筋などへの負荷も上がっていきますよ。

これらの「我慢」系のトレーニングに関しては継続できれば少しずつ慣れていくのでそれまでは大変ですが頑張りましょう!

まとめ:プランクウォークの効果を高める方法

  • 歩く動作をつけるときに骨盤を左右に揺らさない
  • お腹を凹ます意識を持って行う
  • お尻の穴を閉める

ということで今回はプランクウォークについて書きましたがいかがでしょう、実践できそうですか?

記事中にも書きましたがこれらのトレーニングははじめのうちはきついです。

ですが、今後継続して頑張れば1ヶ月ほどで効果も出てくるし、はじめのうちのつらさはなくなってくるでしょう。

もちろんいつまでも同じトレーニングをしていても意味がないので、慣れてきたらどんどんトレーニングクオリティを上げていきましょう!

以上「プランクウォークの効果を最大限まで引き上げる方法」でした。最後までありがとうございました。

コメント