スポンサーリンク

レッグプレスのやり方は「スクワット」を意識して!

レッグプレスレッグプレス

レッグプレスのやり方は「スクワット」を意識して!

こんにちは、Tracyです!今回は

レッグプレスのやり方を教えて。初心者です!

という方向けにレッグプレスの正しいやり方をスクワットを交えて説明していきます。

スポーツジムで「トレーナーにどんな運動すればいいの?」と聞いても、

WEBで「初心者 筋トレ メニュー」と検索してもまず出てくるのがレッグプレスでしょう。

とはいえ見たことも聞いたこともないという方もいらっしゃるかと思います。

今日はそんな悩みを皆さんもなんとなく知っている「スクワット」を例に指導します。

実は非常に簡単にできるので、是非実践してみてくださいね。

それでは分かりやすく解説していきます!

初心者のレッグプレスはスクワットのやり方を思い出して

そもそもレッグプレスというのは、

  • 専用のマシンに腰をかける
  • 足を肩幅程に開き台に足をセットする
  • 深く腰をかけ、腰近くにあるバーを握る
  • ゆっくりと膝を伸ばす
  • 曲げる

トレーニング方法です。

この時に簡単に考える方法は、スクワットを座ったまま行うイメージを持つことです。

レッグプレスのやり方で注意したいポイント3点

レッグプレスを行う上で確実に守りたいポイントは、

  • 膝を伸ばしきらない
  • 息を止めない
  • 腰を反らない

こと。これさえ守れればとりあえずフォームはバッチリでしょう。

初心者の方でも力の入りやすいトレーニング種目なので、その分自分のやりやすいフォームになってしまって、重い重さを挙げた時に身体に負担になりかねません。

気をつけつつ、正しいやり方を身につけて効率良くレッグプレスを行ってください!

レッグプレスは足の位置で効果が変わってきます【目的別やり方】

ちなみにですが、レッグプレスで足のセットする位置を間違えると効いてくる筋肉も変わってきます。

足のセットする位置とは、足の裏を台に載せたときのことで、

  • 台の一番下にセットすれば前ももに効く
  • 台の上の方にセットすれば裏ももに効く

ので、それぞれ好きな方で行ってみてください。

女性なら圧倒的に台の上の方にセットする方が多いですね。

やりにくくない程度の位置でゆっくりと行ってみてください。

以上「レッグプレスのやり方は「スクワット」を意識して!」でした。最後までありがとうございました。

コメント