スポンサーリンク

初心者必見!ハンマーカールを毎日行うデメリット

HIITで脂肪燃焼させるハンマーカール

初心者必見!ハンマーカールを毎日行うデメリット

こんにちは、Tracyです!今回は

ハンマーカールって毎日やってもいいの?

という方向けにハンマーカールを含む全ての筋トレのポイントをご紹介します。

ざっくりと解説すると「ハンマーカールを毎日行うと腕の筋肉量が減る」可能性があります。

そんなことにならないように今回の記事をしっかりと読んで皆さんの筋トレに生かしてください!

それでは分かりやすく解説していきます。

ハンマーカールは毎日すべきではない【初心者必見】

さて、冒頭でも書きましたが、ハンマーカールを毎日行うと筋肉量が減る可能性があります。

理由は、筋肉の成長のメカニズムにあって、

  1. 筋トレによって筋肉が破壊される
  2. 破壊された筋肉を治すために筋肉痛などが起こる(諸説あり)
  3. ②の段階の回復を超回復といい、これによって筋トレ前よりも成長した筋肉になる
  4. これらを繰り返すことによって筋肉が成長する

という流れなのですが、毎日筋トレやハンマーカールを行うということは、筋肉を毎日破壊し続け、回復する時間を設けていませんね?

これを極端にいうと「壊しているだけなので筋肉が成長しない」ということになります。

筋肉はトレーニングしている時ではなくて、回復しているときに成長しているということを忘れないように!

そもそも毎日ハンマーカールができるなら回数や負荷の設定を変えよう

そもそもですが、毎日のようにハンマーカールができるのであれば筋トレのフォームや負荷などを見直してみましょう。

私は上腕二頭筋をハンマーカールなどで鍛えた次の日は上腕二頭筋に筋肉痛が残っていて、とてもじゃないけれど次の日もハンマーカールを行うことは不可能です。

つまり、ハンマーカールなどで上腕二頭筋をしっかりと追い込むことができていれば「よっしゃ毎日やろう」とはならずに「今日は腕が超筋肉痛だから休もう」となるはずです。

毎日筋トレしたいならハンマーカール以外のトレーニングも盛り込んで

とはいえ毎日筋トレできるんですけど・・・

という方は毎日鍛える部位を変えましょう!

先ほども書いたように毎日同じ部位を鍛えることは良くありませんが、部位を変えれば何の問題もありません。

  • 月曜日:胸の筋トレ、背中の筋トレ
  • 火曜日:下半身の筋トレ
  • 水曜日:ハンマーカールなど腕の筋トレ
  • 木曜日:有酸素運動
  • 金曜日:胸、背中

などこのように毎日行うところを変えると効率よく身体を絞ることができますよ!

まとめ;ハンマーカールは毎日行うべきではない

  • 毎日ハンマーカールを行うと筋肉量が少なくなる可能性がある
  • ハンマーカールだけではなくて筋トレ全てにおいていえます
  • 毎日できるのであればトレーニングする部位を変えて!

ということで今回はハンマーカールなどの頻度について解説しました。

毎日やっても効果が出てこないのであれば毎日行うべきではなく、他の部位を鍛えるようにすると想像しているよりも早く効果が表れますよ!

そして何より、1回のトレーニングでできるだけ追い込めるように意識しましょう。

以上「初心者必見!ハンマーカールを毎日行うデメリット」でした。最後までありがとうございました。

コメント