フロントブリッジで気をつけるべきたった1つの部位【初心者必見】 | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

フロントブリッジで気をつけるべきたった1つの部位【初心者必見】

フロントブリッジで気をつけるべきたった1つの部位【初心者必見】

フロントブリッジ

TRACY 編集部

編集部

2020.05.25

フロントブリッジで気をつけるべきたった1つの部位【初心者必見】

こんにちは、TRACYです!今回は

「フロントブリッジって何を気をつければいいの?」

という方向けにフロントブリッジのポイントについてご紹介します。

フロントブリッジは別名プランク とも呼ばれる体幹トレーニングの王道なのですが、やり方を間違えるとその効果も発揮できなくなります。

初心者の方にありがちなフォームの間違いとして、

  • 腹筋に力を入れる
  • 腕で踏ん張る

などが挙げられるので今回はこの辺について解説していきます!

え?腹筋に力入れないの?

実はここにもポイントがあるんです。

それでは見ていきましょう!

初心者がフロントブリッジで効果を出すために気をつけたい部位

ということで早速フロントブリッジで気を付けたいことは

  • 身体を一直線に保つ
  • お腹を凹ます
  • お尻をしっかりと閉める

こと。

基本的に初心者の方がやりがちな間違いとして、

  • 腕に力を入れてしまう
  • 腹筋を踏ん張るように使う

ことが挙げられるのですが、正解は

  • おへそあたりの体幹を使って身体を一直線に保つ
  • お腹は凹ますように使う

こと。

これができれば第一ステップ通過です!

ちなみに腕は一切鍛えられないので、置く位置に注意を

さて、次のステップは腕を置く位置を変えましょう。

腕の力を使わずに体幹で身体を支えるので、

  • 肘は肩の真下あたり
  • 脇、肘ともに90度
  • 肩幅

を意識してください。

腰が痛くならないフロントブリッジの方法

フロントブリッジを行っていると腰を痛める方がいらっしゃるのですが、特徴として

  • お尻が下がっている
  • 胸を張っている

など、要は一直線になっていないことがあります。

ですが、その一直線に身体をするために「腰回りの筋肉」を使うので、それのせいで腰が痛くなるという方もいるので、後者の方は一旦フロントブリッジをおやすみましょう。

単純に筋肉痛が来ているだけなので、1日空けてから再開するのがおすすめです。

フロントブリッジで鍛えられる筋肉の部位は腹筋

もちろんですが、このフロントブリッジによって鍛えられる筋肉は腹筋になります。

そんでこれも結構聞かれるのですが

「フロントブリッジやプランクで腹筋って割れる?」

という答えは、NOです。

どういうことかと言いますと、人間の腹筋はもともと割れていて、眼に見えるようになるには「脂肪を落とす必要がある」からですね。

つまり、腹筋を割るには

  • 食事管理などで脂肪を落とす
  • プランクやフロントブリッジで腹筋を大きく

するトレーニングが必要になってきます。

詳しく知りたい方はこちらまで

フロントブリッジの頻度は毎日でOK

さて、フロントブリッジや体幹トレーニングなどの筋トレは特別な事情がない限り毎日行っても問題ないでしょう。

特別な事情というのは

  • 筋肉痛がひどい
  • ヘルニアなどの腰痛対策などでやり始めた
  • 首など訳のわからないところが筋肉痛

ですね。

訳のわからないところが筋肉痛になるのはおそらくフォームが間違っているので、確認し直しましょう!

以上「フロントブリッジで気をつけるべきたった1つの部位【初心者必見】」でした。最後までありがとうございました。

フロントブリッジ
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング