AD

楽してお腹が痩せる決定版。読みながら痩せる呼吸のトレーニング

お腹周り ズボン ダイエット
AD

楽してお腹が痩せる決定版。読みながら痩せる呼吸のトレーニング

こんにちは。

今回は永遠の課題楽だけどお腹に効くトレーニングとして「楽して痩せたい」「難しいことはしたくない」と考えるあなたが即実践できる最適の呼吸法をご紹介します。

それはドローインという腹式呼吸×息を止めるだけのトレーニングです。

お腹痩せや姿勢改善に非常に効果的で、何よりどんな状況でも空間さえあれば実践可能なものですので、読み進めながら行ってみてください!

それでは詳しく見ていきましょう。

AD

お腹痩せに最適!ドローインとは

体幹トレーニングの中で、最も’簡単に’’誰にでも’行うことのできる呼吸のトレーニング方法です。
意識して呼吸を行うだけでお腹の奥深くの筋肉を鍛えることが可能です。

一度マスターすれば半永久的に行うことができますよ♪

楽して痩せるドローインの方法

腹式呼吸の延長で呼吸を止める流れになります。

①まずは姿勢を正すために、正座する

(正座をすることによって骨盤が自動的に立ちます)

②大きく息を吸ってお腹を膨らませる

コツはお腹の中にある風船を膨らませるイメージで行います。

⇒4秒かけて息を吸いましょう。

③お腹を凹ましながら息を細く長く全て吐く

姿勢が崩れやすいので注意!

⇒10秒かけて全て吐き切るのがポイントです。

④お腹を凹まし、息がお腹に残ってない状態で5秒間キープします。

※②~④を1セットとして3セット程行いましょう。

膝に痛みを抱えている方は、椅子に腰かける、立つ、横になりながら行うことも可能です。

ドローインを行うにあたっての注意点

簡単出来るとは言いましたが、やはりそれなりに腹圧がかかるので腹圧をかけることが好ましくない以下の方は避けましょう。

  • 妊婦さん
  • 食後すぐ
  • その他医師から腹圧をかけないようにと注意を受けている方

どこが鍛えられるのか?

スクワット

インナーマッスルと言われる「お腹の深層部の筋肉」が鍛えられます。具体的には

  • 腹横筋
  • 多裂筋
  • 骨盤底筋群
  • 横隔膜

などが鍛えられます。

本当に楽に痩せる?ドローインの効果

嬉しい ジャンプ

上記に挙げた4つのインナーマッスルを鍛えると・・・

  1. ウエストを引き締める
  2. ポッコリお腹の解消
  3. 体幹力向上
  4. 競技におけるパフォーマンス力の向上
  5. 姿勢改善
  6. 内臓機能の改善
  7. 腰痛改善

などの効果が見込めます。

当然トレーニングを行うとこれらの効果が同様に得ることが出来ますが、やはり肉体的・身体的にきつい、辛いといった点がネックポイントでしょう。

今回紹介するドローインはそれらの問題を抱えることなく、楽に効果を出せるものです。

インナーマッスルを鍛えると日常生活に役立つ

イケメン 社会人

普段生活を送っている中で多くの方が感じる「疲労」。

疲労の原因は例えば栄養失調や寝不足などが挙げられますが、そうでない場合は「筋肉不足」もしくは「姿勢不良」が原因になります。

真っすぐ立つために必要な筋肉が不足しているために疲労を感じ、姿勢も悪くなってきます。

姿勢が悪いと肩こりや腰痛、骨盤などのズレから、女性であれば生理不順などの内臓機器の循環不良を引き起こす可能性が非常に高いと言われています。

スポーツにおけるお腹のインナーマッスルの重要性

バスケットボール 試合

もう一つ度外視できないのが、体幹とスポーツの関係性

私の知る限りスポーツに上半身だけもしくは下半身だけを使用して行うものはありません(思いついてないだけかもしれませんが)。

例えば短距離走。脚の筋肉だけが発達していると思われがちですが、下半身だけで走っているわけではありません。当然上半身の腕の振りが重要になってきますね。

さて、問題です。

上半身の腕の振りを下半身に伝えるためには身体のどこの部分が使われるでしょうか?

答えは明白ですね、上半身と下半身を繋ぐ部分「胴体周りの体幹」です。
以上のことからどのようなスポーツにも、力を伝える為の体幹力が必要になってきます。

まとめ

実践してみた方も多いことでしょう。どうでしたか、携帯を見ながら行うことのできるお腹痩せのトレーニングは?

この呼吸方法は、信号待ちや朝起きてすぐなど空間さえあれば行うことが出来ますので、是非実践して生活に組み込んでみてください。

ドローインを歩きに加えると、人生が変わる

以上「楽してお腹が痩せる決定版。読みながら痩せる呼吸のトレーニング」でした。最後までありがとうございました。

コメント