スポンサーリンク

自宅でスクワットをやるときの回数

自重トレーニング一覧スクワット

自宅でスクワットをやるときの回数

こんにちは。今回は自宅で行われるスクワットをどの程度の回数・セット数こなせばいいのかについて書きました。

筋トレは目的によって回数などが変わってきます。それでは詳しく見ていきましょう。

目的別のトレーニング回数とセット数

スクワット

筋肉をつけたい人:負荷をかける必要があるので、水の入ったペットボトルなどを持って行いましょう!
回数:8~12回を3~5セット
休憩時間:60秒

ダイエットしたい人:何も持たずに回数をこなします!
回数:13~16回を4セット
休憩時間:30秒

自宅で行う場合のポイント

男女 筋力トレーニング

自宅で行うデメリットとしては、「負荷を高めることができない」といううことが言えます。ジムでやればスクワットマシン・バーベル・ダンベルで重さを調節できますが、自宅だと何かそれらしいものを持つしかありません。

先ほど書いた通り、ダイエットや脂肪燃焼を目的として行う分には十分なのですが、筋肉をもりもりつけたいのであれば、ジャンピングスクワットで負荷を大きくする、ペットボトルなどを持つ、人を担ぐなどの一工夫が必要です。

まとめ

  • 筋肉をつけたいなら8~12回を3~5セット
  • 細くしたいなら13~16回を4セット
  • 自宅で行う場合は一工夫しましょう

本来のフィットネスの形はジムなどに通わず、運動そのものを楽しむということにあると思います。それでも少しでも効率良く筋肉をつけるためには重いものを持つ、スピードを速めるなどの工夫が必要になってきますね。

ジムに通うのも良いですが、自分なりに工夫してトレーニングを行うのも意外と楽しいですよ。

以上「自宅でスクワットをやるときの回数」でした。最後までありがとうございました。

オンラインフォームチェック

自宅で筋トレをしたい!
そんなあなたをサポートするオンラインフォームチェック。
まずはお気軽に無料カウンセリングから

スクワット筋トレ
スポンサーリンク
tracyをフォローする
手の届く心と身体の健康増進メディア | Tracy(トレイシー)

コメント