AD

スクワットで鍛えられる筋肉の部位について

体幹トレーニングをして姿勢がいい女性 スクワット
AD

スクワットで鍛えられる筋肉の部位について

こんにちは。これからスクワットをして、美脚を目指しているあなた!スクワットって実際にどの筋肉に効果があるのか知っておきたいところですよね。

筋トレは鍛えている筋肉を意識して行うだけで、トレーニングの効果が高まることが研究でも判明しています。

また、下半身のトレーニングということはわかっているんだけど、詳しいことは知らない・・状況だと、効率よく鍛えることができません。足を細くしたいのに、前ももばっかり鍛えるトレーニングをスクワット以外にも行えば太くなりますし、他の部位を鍛えたいのにスクワットしてるから平気!だと全く意味ないなんてことになりかねません。

そこで今回はスクワットで鍛えることのできる筋肉を解説していきます。それでは見ていきましょう‼

AD

太もも‐細くするには?‐

まず意識したいのは太ももの筋肉。下半身を見たときに一番印象に残る部位ですね。

ただ、この記事を読んでいる方に意識してほしいのは、太ももの前側ではなく、内もも。というのも、バーベルやダンベルを持って行うスクワットでは「足が太く」成長します。

足を細くしたいなら内ももを意識して行いましょう。

つまり、太くがっつりとした下半身にしたいのであれば前もも、細くすらっとさせたいのであれば内ももを意識して行う良いでしょう。その場合はワイドスクワットをするのがおすすめです。

細くしたいなら後ろももが重要!

スクワットでは後ろももへの刺激が弱いので、別の種目も行うといいでしょう。

自宅できる簡単トレーニングは「ヒップリフト」です。動画を載せておきますね。

お尻

スクワットでお尻を鍛える

さぁ上向きの外人みたいなプリっとしたお尻!スクワットではそんなお尻の筋肉を鍛えることができます。

始めのうちは太ももではなく、お尻へ意識を集中させたほうがいいかもしれません。

お尻を意識して行うことで、自然とフォームも良くなってきます!プリっとしたいいお尻を手に入れましょう!!

まとめ

  • 太もも
  • 細くしたいなら内ももを意識する
  • お尻

を意識して行うといいでしょう。スクワットはフォームが難しいからと敬遠されがちですが、最もオーソドックスで簡単、お金もかからず場所も取らない優れたトレーニングです。

そんなに難しく考えずに、一日一回スクワット!からチャレンジしてみてください。

以上「スクワットで鍛えられる筋肉の部位について」でした。最後までありがとうございました。

コメント