スポンサーリンク

【効果チェック!】ヒールタッチクランチで筋肉痛のくるところ

脂肪を落としてお腹周りをすっきりヒールタッチ

【効果チェック!】ヒールタッチクランチで筋肉痛のくるところ

こんにちは、TRACYです!今回は

「ヒールタッチクランチで筋肉痛が来るのってどこ?フォームあってる?」

という方向けにヒールタッチクランチで鍛えられる部位と効果的なやり方をご紹介します。

  • 首筋
  • 背中
  • 裏もも

などが痛くなる場合は若干フォームを修正する必要があるでしょう。とはいえ、難しい種目ではないので今回のこの記事でしっかりと理解してくださいね。

それでは分かりやすく解説していきます。

ヒールタッチで筋肉痛が来るのは腹直筋

さて、ヒールタッチクランチの筋肉痛が来るところは

「上の方の腹筋」

以外ほぼないと言っていいでしょう。

一応、足の付け根も鍛えられるトレーニングなので、腹筋の方にも筋肉痛が来る時がありますがそれ以外に来る場合はフォームが間違っていると考えましょう。

首が痛いときはどうなの?

ちなみにヒールタッチクランチを行っていると「首が痛い」と言う声をききます。

これはフォーム云々よりも

  • 勢いがついてしまう
  • 腹筋だけでヒールタッチクランチができない
  • 頑張って腕を伸ばしすぎている

と、言ってしまえば初心者あるあるになるので、1,2週間でその痛みともおさらばできます!

痛いからと言って余計に勢いをつけたりしては元も子もないので、届かなくてもゆっくりと正しく行ってみてください。

効果的なヒールタッチクランチのやり方

ヒールタッチクランチの正しいフォームは

  • 仰向けになる
  • 息をゆっくりと吐きながらおへそを覗く
  • その状態で腕を伸ばしてかかとに触れる(触れなくてもOK)
  • ゆっくりと戻す

で、ポイントは呼吸。息を吐きながらおへそを覗くようにしてみてください。

これだけであなたのお腹にかかる腹圧が一気に変わり、効果も上がりますよ!

以上「【効果チェック!】ヒールタッチクランチで筋肉痛のくるところ」でした。最後までありがとうございました。

コメント