フロントプレスはダンベルから行おう!バーベルは次のフェーズで | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

フロントプレスはダンベルから行おう!バーベルは次のフェーズで

フロントプレスはダンベルから行おう!バーベルは次のフェーズで

フロントプレス

TRACY 編集部

編集部

2020.06.03

フロントプレスはダンベルから行おう!バーベルは次のフェーズで

こんにちは、TRACYです!今回は

「フロントプレスってダンベルとバーベルどっちでやるべき?」

という方向けにそれぞれの違いを解説していきます。

答えを言うと、

  • 初心者はダンベル
  • フォームが固まってきたらバーベル

で行うのが理想。

それでは分かりやすく解説していきます。

フロントプレスのダンベルとバーベルの違い

早速ですがフロントプレスのそれぞれの違いは

  • 肩周りの自由がダンベルの方が効くから初心者向け
  • 重い重量を上げられるのはバーベルなので慣れてきたらバーベルもおすすめ

といった具合にそれぞれ目的が変わります。

つまり

  • ひとまず肩周りを鍛えたい初心者はダンベルで
  • 重い重量を上げて、肩の筋肥大を狙う方はバーベルとダンベルを両方行う

のが理想ですね。

初心者はダンベルから肩を鍛えよう。ダンベルショルダープレスのやり方

まず初心者におすすめなのはダンベルで行うフロントプレス、つまりショルダープレスですね。

やり方は

  • 背もたれのあるベンチに座る(別になくてもOKですが、やりやすいと思います)
  • 肩甲骨を寄せ、胸を張った状態で真っ直ぐ上に上げる
  • 肩をすくめずに自然な肩の位置で行う

のがポイント。

重量が上がるようになってきたらバーベルショルダープレスを!やり方公開

んで、徐々に重りが上がるようになってきたら次はバーベルでのショルダープレスを取り入れるとなおよしでしょう。

やり方は

  • バーベルの場合は立って行う方がいいでしょう
  • 鎖骨の前でバーベルを持ち、腰が反らないように背筋を伸ばす
  • 若干上を向きながらバーベルを真上に上げる

のがショルダープレスの基本。

効きづらいなという方は重量を下げて行いましょう!

フロントプレスとバックプレスの違いは鍛えられる筋肉

ちなみにバーベルプレスを行う時にバックとフロントの違いについて聞かれることが多いのですが、

  • 効く筋肉が違いと言われている(諸説あり)
  • 上げられる重量が異なる

が主な違いで、バックだと三角筋(肩)の後部が効くと言われていますが、正直これに関してはなんとも言えません。人によります。

抽象的な回答で申し訳ないのですが私は基本的にはフロントで行い、たまにバックで行って刺激の入れ方を変えていますよ。

フロントプレスをスミスマシンで行う時の注意点は?

スミスマシンなどのマシンを利用してフロントプレスを行うのも効果的で、注意点は

  • なるべく大きな動きを心がける
  • いつもより重くてOK

なので、ちょっと最高重量にチャレンジするくらいの意気込みでフロントプレスを行うといいでしょう。

ダンベルやバーベルなどは支えがないのに対してスミスマシンは最悪潰れそうになっても大丈夫なので。笑

以上「フロントプレスはダンベルから行おう!バーベルは次のフェーズで」でした。最後までありがとうございました。

フロントプレス
スポンサーリンク
TRACY 編集部をフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Relation Article関連記事

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング