AD

ダイエット、筋トレに最適な時間。まだ自律神経と戦ってるの?

時間 時計ダイエット

ダイエット、筋トレに最適な時間。まだ自律神経と戦ってるの?

こんにちは!今回は

筋トレするのに最適な時間を教えて

ダイエット目的の運動って何時頃するのがいいの?

と言う声にお答えすべく、

  • 夕方16〜18時ごろが最もおすすめ
  • その次は21時ごろ
  • 起床後1時間以内は超簡単な運動にしよう
  • 食後や寝る前も同じく
  • 身体を動かすのに最適な時間は「交感神経」が働いているときだよ

このような流れでお話を進めていきますね。

それでは実際に見ていきましょう!

運動に適した時間!痩せる時間

まず身体を動かすのにおすすめの時間は、

  • 16時〜18時ごろ
  • 21時頃

ということになります。

理由はそれぞれ、交感神経が優位に働くタイミングであることと、食事や睡眠との関係性です。

夕方16~18時頃

嬉しい ジャンプ

この時間は1日の中で最も交感神経が働く時間と言われています。

その他にも、

  • 昼食後十分に時間が取れている
  • 夕方に運動をすると多くの成長ホルモンが分泌される

といった理由からダイエットやトレーニングに最も適した時間と言えます。

ランニングを行うのにも17時頃走って、そのままシャワー!なんて気持ちいいですよね。

また、17時前後に運動をして身体を温めると、就寝時の身体の内部の温度が下がる傾向にある為、睡眠の質が向上するともいわれています。

是非、休日にはこの時間に運動をしてみてください。

社会人向け!夜21時頃

トレーニング

とは言え社会人になると、18時までにトレーニング出来る方はだいぶ減ると思います。

そんな方におススメなのが夕食を摂ってから2時間ほど空けた時間です。

  • 夜寝るまでにまだ時間もある
  • 食後すぐでもないので交感神経が活発になっても睡眠にさほど影響もない
  • パフォーマンスも十分に発揮できる

時間が21時頃ですね。

なるべく運動を控えたい時間

もちろん、体内のことを考えると運動を避けるべき時間もあります。

  • 起床後1時間以内
  • 食後すぐ
  • 寝る直前

などは避けるべきでしょう。

起床後1時間未満

朝 日の出

朝早く起きて時間を作って軽く体操して散歩しているぐらいであれば、一日の活動に向けて身体が温まっていくので、是非続けてください。

ですがそうではなく、朝起きてランニングをし、本格的にトレーニングをしている方は注意が必要です。

朝起きてすぐは休息⇒活動に向けての時間であり、体内は大変なことになっています。

そこに追い打ちをかけるようにトレーニングをするとどうなるでしょう?エネルギーもうまく使えず、そのうち身体が悲鳴をあげるようになります。

それでも朝しかできない!という方は以下の点に気をつけましょう。

  1. 運動前に入念にストレッチをする
  2. ウォーミングアップをしっかりと行う
  3. トレーニング前に軽食を取る
  4. なるべく有酸素運動を行う

以上点に気を付けてトレーニングを行なってみてください。

可能であれば朝の時間の流れを変えるのが理想です。

例えば「起床⇒トレーニング⇒食事⇒準備⇒出勤」というリズムの方は、

「起床⇒軽食⇒準備⇒トレーニング⇒食事⇒出勤」など、大切な朝時間のルーティーンを変えてみてはいかがでしょうか?

朝やることの順番を帰ると血糖値が下がる」をご参照ください。

食後すぐ

肉 料理

食後は消化のために、お腹に血が集まります

その状態で筋トレを行うと消化がおろそかになってしまうので、食後すぐの運動は避けるべきでしょう。

力を発揮する箇所に血が動くので、いつまでたっても消化されず、胃が消化不良になりかねません。

食後すぐに運動してわき腹を痛めた経験はありませんか?それこそまさに消化不良です。

消化の邪魔はしないようにしましょう。

とはいえ、簡単な散歩やストレッチなどは血糖値の上昇を抑えてくれる効果があると言われており、激しくしなければ(日常生活レベルの徒歩など)とってもおすすめですよ♪

寝る直前

昼寝する猫

説明するまでもありませんが、寝る前は副交感神経を動かし身体を休ませたい時間です。

無理やり身体を動かして睡眠を妨害すると、翌日の体調に響きかねません。

交感神経が働きだし、興奮して眠りが浅くなってしまうので寝る直前はストレッチなどを行うといいでしょう。

また、トレーニングを本格的に行ている方やアスリートは睡眠をとても大切にしていているので、寝る直前の行動なども気をつけています。

日本代表選手と一般人の睡眠時間の差は年間300時間

自律神経とダイエット

先ほどから書いている「交感神経」と「副交感神経」ですが、この2つがダイエットに非常に関係しています。

自律神経とは、消化器・循環器・呼吸器などの活動を調整するために24時間働き続ける神経で、交感神経と副交感神経があります。

名前ぐらいは聞いたことありますよね。

それぞれの効能を知ってダイエットを効率よくしましょう。

筋トレ時に必要!交感神経

やりすぎなマッチョ

交感神経とは普段私たちが活動している時に動く神経ですね。

運動をしている時、私たちは興奮している状態となり、この時、

  • 心臓の拍動数が早くなる
  • 汗が分泌される

ようになります。

例えば試合は、身体が緊張して心臓の鼓動は早くなり、血圧が上がり、呼吸も激しくなり、瞳孔も開きます。

こういった時に交感神経が活発な動きを見せ、パフォーマンスを高めてくれます。

つまり、この交感神経が多く分泌されると身体を動かす体制が整っているということ。

なるべくならこの状態の時に筋トレや運動を行うのが理想ということです。

ストレッチすると高まる!副交感神経

きつね リラックス

「副交感神経は交感神経の逆の働き」と考えてください。

体がゆったりとしている時に強く働きます。

食後や睡眠中など体を落ち着かせている時に働く神経が副交感神経です。

この副交感神経が程よく分泌されるとリラックス状態のクオリティが非常に上がるので、睡眠前にストレッチをしたり読書をするなどが効果的なのがわかりますね。

まとめ:おすすめのトレーニングに最適な時間

  • 運動は交感神経が動く時間帯に行なうと良い
  • 夕方がおススメ
  • 起床後・食後すぐは動かない

詳しく書きませんでしたが、実は年齢的な問題も関係してきます。

30代であれば20時頃まで交感神経が良く働いていますが、40代以降は18時頃から身体が休息モードに入ります

40代の方は夜全ての用事や家事が終わった後にウォーキング程度の運動を行うのであればおススメできますが、しっかりと筋トレ等を行うのであれば、年齢を重ねるとともに早い時間に行うことをおススメします。

個人差はありますが、1つの参考にしてみてください。

やりたい気持ちはあるんだけど、ついベッドで携帯をいじってしまう・・・という方は生活の中に「運動」を組み込んで、チャレンジしましょう!

一度習慣化してしまえば辞めることの方が難しくなってきます。

自転車って一度乗れるようになってしまえば転ぶことの方が難しいですよね?

以上「ダイエット、筋トレに最適な時間。まだ自律神経と戦ってるの?」でした。最後までありがとうございました。

コメント