こうして掴んだスペインへの道ー女子ハンドボール選手細江みづき | ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You -

TRACY TRAining Changes You

こうして掴んだスペインへの道ー女子ハンドボール選手細江みづき

こうして掴んだスペインへの道ー女子ハンドボール選手細江みづき

アスリートインタビュー

細江 みづき

プロハンドボーラー

2020.08.17

小学生の時に初めて出会ったハンガリー人との出会いで生まれた海外への興味。

興味からプロ契約までの道のりを今回はお話しします。

海外は簡単に行けるもの。芽生え始めた海外でのプロハンドボール選手への夢。

引用元:http://www.balonmanoremudas.es/
※細江選手所属 チームサイトより

初めて海外に興味を持ったのは、小学生の時。

父親が高校でハンドボールを指導しており、そこに来たハンガリー人との出会いで、海外というものを知りました。

その時はハンドボールも始めておらず、ただ海外に行ってみたい気持ちだけが芽生えています。そして、海外は、簡単に行けるものだと思っていました。

初めての海外でのハンドボール。行きたい気持ちは更に強くなる。

高校でハンドボールを始め、大学、社会人と続けてきました。大学生の時にカテゴリーの代表に選ばれ、この時初めて海外へ。

カザフスタンとポルトガルへ行きましたが、ポルトガルで景色の素敵さやいろんな国の人と関わり、海外に行きたい!ヨーロッパに行きたい!となりました。ですが、大学生の時は、日々のハンドボールについていくことで精一杯で、海外へ行く準備なんて一つもできていませんでした。調べることもしていない。でも心配もしていない。だって、簡単に行けるものだと思っていたから。(大学生になっても。笑)

大学を卒業し、ヨーロッパへの想いはありましたが、日本リーグへの挑戦を決め、飛騨高山ブラックブルズ岐阜へ入団。そして一年在籍し、国内移籍か海外移籍かを考えました。

海外であったら、ハンガリーしか知りません。でも、行きたい。

どうやって?あれ?海外って簡単に行けないの?

そう考えていた時、三重バイオレットアイリスに大学の先輩が在籍しており、声をかけて下さいました。

当時、いや、今もですが、日本ハンドボール界での移籍は珍しいこと。

移籍関係での問題等も多くありましたが私の場合、両チームしっかりと理解をして頂き、移籍をすることができました。本当に感謝しています。そしてあの時、声を掛けてくれた先輩達にも心から感謝しています。(多分今頃寂しくなっていると思います。)

入団が決まり、櫛田さん(監督)、梶原さん(GM)2人共に、海外でのハンドボール経験があり、気軽にスタッフに海外の相談をすることができました。この環境も素晴らしいことだと思います。ですが、何と言っても、私の第一印象は悪かっただろうな~。 

「とりあえず将来は海外行きたいっす。へへっ」ってな感じだったと思います。何言ってんだ?こいつ。ですね。私も今はそう思います、心の底から。

人との出会いが行動を変えた。想いを言葉にする。

バイオレットに在籍し、頭の成長を一番に感じます。普段から監督や選手と話す機会も多く、

  • メンタルトレーニング
  • セカンドキャリアについて

など、あまり多くのチームがやっていないことを経験することができました。

そして、その中で、私が今一番大切にしている、どんな状況も楽しむことと笑顔でいることの重要性に気づくことができました。

海外移籍を本格的に考え始め、まず何をしなければいけないかを相談した時、

「行ってみなければ分からない」と、ここで初めてハンガリーに行くことを決めました。

チーム探しではなく、国の雰囲気や試合の雰囲気を感じるのも良いのではないかということで、GWの5日間を使い、いざ夢のハンガリーへ・・・。

ちなみに、この頃の英語力はstudentが分からないレベル。はい。よく一人で行ったなと。

ハンガリーにも行き、ますますヨーロッパへの想いが強くなり、在籍4年目を迎える時に、海外移籍をしたい。と相談しました。

その時、櫛田さんは日本代表での活動がある為、監督が梶原さんにかわるタイミングでした。

梶原さんと話した時に、1年準備してはどうか?という話になり、もう1年バイオレットで活動することを決めました。

  • 違う監督のもとでまた新たなハンドボールができたこと
  • 海外移籍に向けてしっかりと準備できたこと

そして、その年にバイオレットに移籍した、石立さん(ハンドボール界若レジェンド)にも出会えて本当に残って良かったなと思います。

その年は、また違う国へ行ったらどう?ハンガリーだけに絞らなくても。と櫛田さんから話しがあり、「そうだな。行ってみよう」ということで、国体明けの長期オフを使い、10日間ドイツへ行ってきました。

櫛田さんもですけど、ヨーロッパ近いと思ってますよね。笑

ようやく気づいた、海外移籍の難しさ。

そしてもちろん日本リーグも始まり、毎週試合がある中、移籍の件も進めなくてはいけません。でも実際はチームを探してもらうのを待つしかなかったですね。

何度も連絡をしましたが、なかなか進まず困っている時に、縁あって今のエージェントに出会うことができました。

そしてまず海外のチームに行くために必要だったのは、

  • プレー動画
  • 英語の履歴書

の2つ。プレー動画は、2年前から作っていたので、すぐにできました。

問題は、英語の履歴書です。ハンドボールの履歴書を英語でっ・・・ということで、高校の国語と英語の先生にお願いし、手伝って頂きました。(本当に図々しい。)

そしてプレー動画と履歴書を渡し、「2~3ヶ月はかかるけど、大丈夫だから。」とエージェントの方に言われましたが(2月中旬)、正直心の中は、心配だらけ。

でもこれ以上やることはないので、目の前に試合に集中。と思っていると、2週間程で話しがきました。RocasaGranCanariaから。

スペイン行ってないし、どんなところかも分からないから、行ってみてから決めたい。えっしかも島!?(ぜひカナリア諸島調べてください。)ということで悩み、そこでいろんな方と相談をし、「日本代表でもない選手をプロとして取ってくれるなんて、何て凄いことだ」と、今ある状況の素晴らしさに気づくことができ3日後に決断をしました。

行くことを決めると、いきなり白紙になりました。

決断が遅すぎたようです。

行くって決めて、行けないって分かったら行きたくなるのが人間。笑

もう一度お願いしてもらい、どうにかならないかの交渉が始まりました。そして、少し契約内容を変更し、無事に仮契約を結ぶことができました。

全てを迅速に。全ての判断を即決に行わなければならない。

〇〇をしなさい。と言われたら、全て遅くても2日以内に終わらせます。

全世界のコロナウイルスの影響で、スペイン側の大使館や仕事がお休みだったので、最終契約までには、2ヶ月かかりました。VISA取得なんて、書類が届いてから3日後までに日本で必要な書類を揃えて東京に行かなければいけない、向こうはゆっくりなのにこちらは期限が非常に短いなんて当たり前でした。

一人では絶対にできなかった。多くの人が時間を使い助けてくれた。

いろいろな人を巻き込み、嵐のようにバイオレットを去り、RocasaGranCanariaに移籍することができました。

困っている時に困っていると言うとたくさんの人が助けてくれました。

海外に行きたい。と言い続けていたら、海外に来ることができました。

悩みや夢がある人はぜひ、今の気持ちを言語化してください。

何かが変わると思います。

毎日に感謝し、生活していきます。

ご一読ありがとうございました!

アスリートインタビュー
スポンサーリンク
細江 みづきをフォローする
ココロとカラダを変えていく | TRACY -TRAining Changes You –

Relation Article関連記事

Ranking Ranking 

Article Ranking記事ランキング

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Categoryカテゴリー

筋力トレーニング