AD

水泳で痩せるには脈拍を管理すればいい!

犬 水泳 ダイエット
AD

水泳で痩せるには脈拍を管理すればいい!

こんにちは。

今回は「頑張ってるのになかなか痩せないんだよ〜」「水泳で痩せるには何したらいいの?」という声に答えていきましょう。

  • 水泳が痩せる理由
  • 痩せるための脈拍知ってる?
  • どのくらい泳げばいいの?

という流れでお話を進めていきますね。

それでは見ていきましょう!

AD

水泳って本当に痩せるの?

プールで犬が泳いでいる

答えはYESです。

みなさんご存知の通り、水泳は全身運動の部類に入り、日常生活ではなかなか動かさない筋肉まで利用することになります。

それに加えて、体幹なども利用し筋肉の使用範囲・頻度が他の運動に比べ非常に優れているので消費カロリーの高い運動となり、結果的に痩せやすいと言われています。

そしてもう一つの理由が今回のテーマである脈拍管理と関係しています。

水泳の各泳法の消費カロリーについて書いた記事があるので興味がある方はご一読ください。

水温が体温に比べて低いから、痩せる

マッチョな人が水泳をしてるところ

だいたいどこのプール施設に行っても29-31度前後なのではないでしょうか?
人間の体温と比べると約5度ほど水温が低く設定されていますね。

このことが「水泳が痩せる」と言われる理由なのですが、なぜ痩せるのか?

それはプールに入ると脳が「体温が低いぞ!上げろ!」と命令を出して、内臓の機能を活発化させてくれるからです。

そしてそれと同時に脂肪燃焼スピードの上昇が見込めますなので理論上水泳は痩せます。

  • 水温による内臓機能の活発化
  • 脂肪燃焼スピードの上昇

が見込めるから痩せます!

痩せるための脈拍管理方法

先ほど水泳が痩せる理由に「内臓機能が活発化する」と書きましたね、つまりそれは血液循環が良くなることを意味します。

血液循環が良くなると、脈拍が上昇し、運動効果を高めることが可能です。

人間の正常時の平均脈拍は1分間に60回前後、そして最も痩せると言われている脈拍は90-100回前後です。

脈拍が100回前後になる運動の目安は「息が切れる程度」なので、ジョギングくらいでしょうか、結構ハードですよね。

自分で脈拍は測れます!

と、ここで脈拍を測れないと話が進まないので、簡単な測り方を教えます。

水泳で痩せるために脈拍を測る

写真のように、親指の付け根から約2-3cmほど下がったところに動脈が触れる場所があり、ここの鼓動の数を数えることで脈拍を計測することができます。

10秒間に何回鼓動するか計測し、その値を×6すると単純計算で1分間に何回脈拍を打っているかがわかります。

最も痩せると言われている90-100回前後なら、10秒間で15-17回するような運動を行うといいでしょう。

で、水泳と脈拍・・

水泳で痩せるために頑張って泳いでる

なんで水泳が痩せるという記事をわざわざ書いたかというとですね、上記した通りに水泳は脈拍の上げやすい運動で、90-100回前後の脈拍に初心者でも無理なく上げられるからなのです。

そんでもってプールにはほぼ確実にペースクロックと言って60秒間の秒針が動き続けている大きな時計があります。

それを参考に水泳中脈拍を計測することができるので、水泳をおすすめしてみました。

もちろん私のクライアントの中にも水泳で痩せた方は結構いらっしゃいますので、ジムに通われている方や水泳が好きな方は是非脈拍を気にしながら泳いでみてください!

どんくらい泳げば心拍数が100前後になる?

正直こういう質問が一番答えづらいのですが・・はっきり言って「人によって全然違う」という答えになってしまいます。

おそらくこれを読まれている方は100mしっかりと泳げば息がはぁはぁしてくるはず。

目安はそれをキープするくらいです。

軽く息が切れるけれどもまだ頑張れる・・!という瀬戸際で20分ほど頑張りましょう!

水泳ダイエットが成功しない時にしたい4つの質問

水泳ダイエットを頑張っているのになかなか効果が出ない方に4つの質問に答えていただきます。

  1. ダッシュ系の種目を入れていますか?
  2. 全種目泳いでいますか?
  3. アイテム使ってみた?
  4. 水泳は筋トレ後にしてる?

さぁいかがでしょうか。

詳しい解説を聞きたい方はこちらの記事をご参照ください。

まとめ:水泳で痩せるための脈拍は100前後を目指す

  • 水泳は全身運動×水温で痩せる!
  • 脈拍管理をするとなおよし
  • 痩せたいなら1分間に90-100回

途中から気付いた方もいらっしゃるかもしれませんね、そうです脈拍を的確に管理することができれば運動で痩せる確率が非常に高まります。

今回の水泳は

  1. 脈拍が上がりやすい
  2. 計測しやすい環境にある

ことを理由におすすめさせていただきました。

別に私はジョギング中でも脈拍が測れるし!というのであれば水泳以外の運動でも脈拍を計測しながら実践するといいでしょう!

最後に水泳を推す理由は、水泳は他の簡単な運動と違い、上達することやタイムを気にしながら泳げるなど、楽しさが少し増えますね。

是非みなさん今年はプールにたくさん行きましょうね。

以上「水泳で痩せるには脈拍を管理すればいい!」でした。最後までありがとうございました。

コメント