AD

脂肪を燃焼させる!脂質とタンパク質はどっちが脂肪を燃焼する?

人の身体の不思議 メタボ
AD

脂肪を燃焼させる!脂質とタンパク質はどっちが脂肪燃焼に効果的?

こんにちは。

今回は「脂肪とタンパク質のちがいって何?」「脂肪を燃焼させるのは脂質とタンパク質どっち?」という質問に答えていきましょう

早速ですが、実は脂肪が筋肉に変わることはないので、そこの区別をしっかりとつけていきましょう。

話は変わりますが、脂肪ができるメカニズムと筋肉が作られるメカニズムはそれぞれ異なります。そこでもう1つ「なぜデブはマッチョになりやすいの?」という質問にも答えていきたいと思います。

それでは見ていきましょう!

AD

脂肪と筋肉の違い

DNA 人

それぞれの成分は脂肪が脂質筋肉がたんぱく質です。

これはだいたいの方が理解していることですが、なんとなく筋肉の元は脂肪というニュアンスで捉えている方が多いですよね。

この勘違いが今回の記事のキーポイントで、筋肉は脂肪が変わってできたものではないということを強く理解しましょう。

そして、筋肉をつけたければ多くのたんぱく質を摂取することが必要ということが言えます。逆に脂肪をつけたければ脂質を多く摂取すればいいということです。

デブはマッチョになりやすい?

実はそんなことは一切ありません。ではなぜ太っている人は筋肉がつきやすいと世間で言われるのか

それは、太っている人は基本的に食事量が非常に多いです。食事量が多いということはたくさんの栄養を摂取していることになるので、筋トレしたときに多くのエネルギーが使えるということですね。

なので痩せている人よりも筋肉がつきやすいと言われています。

脂質とたんぱく質の働きについて

脂肪は脂質、筋肉はたんぱく質からなると書きました。

お次はそれぞれの働きについて、学んでいきましょう。

脂質の働き

身体の中身

  1. 体温を保つ
  2. 皮膚や骨、神経などを保護。内臓脂肪は内臓を保護する。
  3. ホルモンを作り出す

脂質は身体にとって欠かせません。

ですが現代の食事には脂質が非常に多く含まれています。コントロールが難しいんですよね。

多く摂取してしまえば、過剰摂取によって体内に脂肪が増えます。

逆に摂取量を抑えすぎても、脳が「脂質が足りないから脂質を蓄えろ」と命令を出すので、なるべく脂質を消費しないようになります。

また、その状態に陥ると、次は摂取した脂質を絶対に取り逃がさないようにするため、もっと太ってしまう恐れがあります。

筋肉の元、たんぱく質の働き

マッチョな男性

  1. 皮膚・毛髪・爪・歯など身体を作る
  2. 筋肉を作る
  3. 栄養の貯蔵・運搬

たんぱく質はアミノ酸で構成されていて、身体を作る主成分です。

人の身体を構成するアミノ酸は全部で20種類あります。そのうち11種類は体内で作り出すことが出来ますが、残り9種類は外部から摂取するほかありません。

(この9種類は必須アミノ酸と呼ばれています)

正直言うと、たんぱく質の摂取量を増やして筋トレすればどんな人でも身体が変わります。

食事でたんぱく質を摂取しようとするとお金も労力もかかります。それに加えて他の余分なものも多く摂取してしまう。そこで私はプロテインをおすすめしています。

脂肪を燃焼させるのは脂質よりもタンパク質!

タンパク質を摂取すると食事誘発性熱産生と言って、他の栄養素よりも消費するのにエネルギーが必要なので、たんぱく質を摂取すると脂肪燃焼効率が高くなります。

なので、身体を絞りたい、脂肪を燃焼したいと考えている方は積極的にたんぱく質を摂取するように心がけましょう♪

痩せたければたくさん食べる

肉 料理

ダイエットやトレーニングで動かした身体を作り上げるには、栄養摂らなくてはなりません。それにもかかわらず、食事制限などを行うと、かえってリバウンドしたり太りやすくなってしまいます!なので多くの物を食べることが大事なのですね。

もちろん食べすぎは厳禁。これからダイエットをしようと考えている方はこちらの「ダイエットの食事管理法決定版」をご参照ください。

カロリーが足りないと・・・

びっくりしている少女

必要なカロリーが足りてないと、身体は筋肉を壊してエネルギーに変えます

その結果筋肉量が落ち、基礎代謝や体温が下がります。さらに食べなくなり、カロリー不足が続くのでいつまで経っても痩せることが出来ないのです。

体温1度でおにぎり1個分!?

日本人女性に足りないもの

日本人女性に足りていないものは、たんぱく質と鉄分

毎月の月経や排尿で多くの鉄分が失われていますね。以下で1つでも思い当たる項目があれば、鉄分不足を疑いましょう。

  1. 疲れやすい
  2. 髪や爪がもろい
  3. 冷えやすい
  4. PMSに悩む
  5. すっぴんの顔色に自信がない

まとめ

  • 脂肪は筋肉にはならない
  • 脂質が身体を保護し、たんぱく質が作る
  • 栄養不足で太る

脂肪が筋肉に変わることはないので、筋肉がない×太っている方がダイエットするには2つの作業が必要です。

  1. 脂肪を落とすこと
  2. 筋肉をつけること

その為には、まずは身体の中を栄養で満たしてあげましょう。食事を減らすことよりも栄養摂取量を増やすことが必要な方がほとんどです。

まずは自分には何が足りていないのかを知ったうえで、減らすべき栄養素を決めるといいでしょう。

そこから運動や筋トレをしてかっこいい・美しい身体を作り上げていきましょう!

以上「脂肪を燃焼させる!脂質とタンパク質はどっちが脂肪を燃焼する?」でした。最後までありがとうございました。

コメント