スポンサーリンク

筋トレ後の正しいお酒の飲み方

枝豆フィットネス

筋トレ後の正しいお酒の飲み方

こんにちは!今回は筋トレやトレーニング・運動を行った後に筋肉にできるだけ悪影響を与えずにお酒を飲む方法をご紹介します。

付き合いだったり、そもそもお酒が好きだったりと大人になれば何かと生活に食い込んでくる「お酒」。しっかトレーニングで追い込み、美味しいお酒で今日も乾杯しましょう!

おつまみに気を付ける

枝豆

もうこれは絶対です。せっかくトレーニングしたのに栄養を摂取しなければ、筋肉を回復させることができませんからね。

よりたんぱく質を多く含むおつまみや肝臓の働きをサポートする物を摂取できればいいですね。おすすめのおつまみは、

  • するめいか
  • 枝豆
  • お刺身
  • 脂身の少ない肉

です。とはいえお酒を飲み始めると酒だけ!という方もいらっしゃると思います。これは実は非常に良くないことなので、気を付けましょう。私もどちらかといえばこのタイプなので、いいおつまみを選択してできるだけ食べるようにしています。

水を飲む

水分補給

アルコールの代謝を少しでも早く行おうという作戦です。

実はアルコールが体内に取り込まれると、内臓の働きが「アルコールの分解」を優先してしまうことが分かっています。つまり、疲労回復やその他の機能を差し置いてアルコールに気を取られてしまいます。

その状態を少しでも早く脱するために、お酒と水を交互に飲むようにしましょう。理想はお酒と同量のお水!いやそれはちょっと・・・ですよね、そういう方は気が付いたら水を飲むようにしてみてください。

2杯までならほぼ影響がない

乾杯

グラス2杯のビールやワイン程度の量のお酒であれば筋肉等にもたらす影響が少ないと言われています。

もちろん個人差があるので、アルコールで身体が反応しやすい人は気を付けてくださいね。

参考までに、各お酒の身体への影響が’まだ’少ない量を書きます。
〇瓶ビール1本~
〇日本酒2合~
〇ウィスキーダブル1杯~
〇ワイングラス3杯~

まとめ

  • 良いおつまみを食べる
  • 水と一緒に飲む
  • 理論上は2杯までなら影響が少ない

筋トレ後にお酒を飲む注意点を書きましたが、本来であれば飲まないのがベストです。

先ほども書きましたが、アルコールを摂取すると体内の機能が分解にすべて向かってしまいます。つまり、疲労回復機能などを全て差し置いてアルコール分解に集中してしまうため、疲れも取れないなどの問題が出てきます。

お酒とは、良い付き合い方をしたいですね。

以上「筋トレ後の正しいお酒の飲み方」でした。ありがとうございました。

コメント