AD

リバウンドせずに短期間で痩せる手順【男女問わずにできる方法】

ファスティングがおすすめ ウォーキング
AD

リバウンドせずに短期間で痩せる手順【男女問わずにできる方法】

こんにちは。さぁみなさん心の準備はいいですか?今日からジムに通わず、1ヶ月で痩せるために動き出しましょう!

リバウンドが怖いというあなたにも安心の方法で行っていきます。それでは詳しく見ていきましょう!

AD

初日~2日:ファスティング

ダイエットのためのファスティング

まずは体内の活動を変えます。ファスティングとは日本語で言うところの断食です。

ファスティングドリンクと呼ばれる専用のドリンクを決まった時間に飲む以外は栄養の摂取をしない方法です。このファスティングを行うことによって、体内環境の整備・体重減少・デトックス効果を狙います。

この時点で-4kgほどするので、早速試してみましょう!

働きながらも行える方法ですが、くれぐれも無理のし過ぎは気を付けてくださいね。

3-10日(1週目):栄養に気を付ける+筋トレ

痩せる自重トレーニング

ファスティングをした後は体内に取り込んだ栄養を蓄えやすい身体になっているので、この時期の栄養摂取には最も気をつけましょう。

多くなりすぎなように気を付けるのは、炭水化物と脂質・糖質です。なるべくこれらは午前中に摂取し、血糖値が急上昇しないよう、野菜などを食べた後に食べるようにしてください。一切摂るなとは言いませんので、あくまで食べすぎない程度に!

積極的に摂りたいのは植物性のたんぱく質とビタミン、高カカオのチョコレート。これらのどれかを15-16時頃に摂取し、夕食の量を減らしましょう。

植物性のたんぱく質であればソイプロテイン、ビタミンであればマルチビタミンなどのサプリメントが手軽で良いです。(ソイプロテインなら朝食替わりでもOK)

それに加えて筋トレも行います。(トレーニングフォームに関しては連絡くれれば独自の方法で無料で指導します。お問い合わせフォームよりご連絡ください

3日目:腕立て伏せ 5回×2
4日目:スクワット 10回×2
5日目:腕立て伏せ 8回×2
6日目:スクワット 12回×2
7日目:腕立て伏せ 5回×3
8日目:スクワット 15回×2
9日目:腕立て伏せ 7回×3
10日目:スクワット 20回×2

腕立て伏せ↓

スクワット↓

11-16日(2週目):栄養+筋トレ+有酸素運動

痩せるための有酸素運動

栄養は以前のように気をつけながら筋トレも継続、そしてそこに有酸素運動も入れましょう。

筋トレは変わらず腕立て伏せ(理想は10回×3セット)とスクワット(20回×3セット)を別日に行い、ジョギングやランニング、ウォーキングなどの有酸素運動をできれば筋トレ後に30分以上行うようにしましょう。

そろそろ体重減少も止まり始めるころですが、ここががんばりどころ!

17-23日(3週目):トレーニングの頻度を上げる

コメント